review

ぞんびじゃねえぞ、はけんだぞ! 宮藤官九郎のゾンビ歌舞伎「大江戸りびんぐでっど」

       
10月16日から公開中のシネマ歌舞伎、「大江戸りびんぐでっど」でまた新しいゾンビを見た。

シネマ歌舞伎はHDカメラで撮影した舞台公演をスクリーンでデジタル上映するという、要するに歌舞伎の映画で、今回公開されているのは 2009 年 12 月に歌舞伎座で上演していた舞台公演を撮影したものだ。実はそのときに一度観ていたのだが、今ひとつ分かってなかった。

出だしから登場する魚の開きの着ぐるみや、「マジで?」「かわいいかもぉ~」と現代語で話すお奉行様や、血糊や内臓をチラ見させつつ色とりどりの衣装で踊るぞんびたちに気を取られていたのと、やはり歌舞伎座というアウェイ感にビビっていたらしい。でも、今回映画館でじっくり再見してようやく理解した。宮藤官九郎がやってくれた!これは「ショーン・オブ・ザ・デッド」「デッドライジング2」をさらに進めた実験作だ!

「大江戸りびんぐでっど」のゾンビは、くさや汁から生まれる。くさや作りの名人、新吉のくさや汁がかかった死体が突然動き出したのだ。とても臭くて「鼻の存続が危ぶまれるから」存鼻(ぞんび)と呼ばれる動く死体は、襲った人間もぞんびに変える。どんどん数を増やして品川の遊郭を襲い女郎や客を喰い殺すが、たちまち捕まって奉行所に連行、火あぶりにされかける。

そこに主人公の半助が割って入ってぞんびをかばう。「しゃべれはしねえが、話は分かる。心根は優しいやつらだ。死んでんだから金銭感覚もありやせん。どうでしょう、人が嫌がる仕事や重労働をさせるってのは?」半助もくさや職人だが、つくったくさやは野良猫でも返しにくるような半人前。食いつめて困り果てていた。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2010年10月29日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。