bit

お鍋にピッタリ! 喉越し爽やか凍結酒

お鍋にピッタリ! 喉越し爽やか凍結酒
氷の部分を丹念にほぐして、液状の部分となじませるのが、おいしく味わうコツ。シャーベット状になった凍結酒をグラスに入れると、ぐっとお洒落な飲み物に変身します。<br />写真提供:神戸酒心館
透き通る涼しい秋の風が、山から降りてくる。急にお鍋が恋しくなる。今年はブームのラー油を使ったお鍋にしよう。飲み物は日本酒、それもシャーベット状の旨いものを用意したい。そう「凍結酒」を。

兵庫県神戸市灘区に位置する灘五郷。江戸時代から、今なお全国に日本酒を出荷する蔵元が集まっている。その中の一つ、「神戸酒心館 福寿」を以前のコネタでご紹介した。蔵元でしか味わえない生酒。今まで飲んだことがない透明で繊細な味、フルーティーな香り、そして爽快な後味。目から鱗が落ち、筆者はすっかり日本酒のファンになり、蔵元でしかいただけないなんて切ない、このしぼりたての生酒を家に持ち帰りたいと考えた。

ところが、低温でも長期間(1年以上)保存すると、生酒の中にどうも好ましくない香りが現れることが知られており、生酒の美味しさは長期間の保存ができないことが常識だという。そこで福寿は約35年前に、「しぼりたてのお酒を凍結保存」するという新技術をもってこの問題を克服し、「凍結酒」を世に送り出した。

「しぼりたての新酒の品質を保つために、出荷前(醸造後すぐ)に凍結しています。水とアルコールを分離させずに凍結保存する技術は、35年ほど前には存在しておらず、開発元である福寿が製法特許を長らく保持していました。現在は製法特許をリリースしていますが、『凍らして美味しい味わい』を常に研究・醸造してきた福寿は、一日の長であると自負しています」と、酒ソムリエ・湊本氏。

あわせて読みたい

  • 「チャンピオン・サケ」に輝いたセレブな日本酒

    「チャンピオン・サケ」に輝いたセレブな日本酒

  • 日本酒の蔵元が仕掛ける、梅酒ゼリー

    日本酒の蔵元が仕掛ける、梅酒ゼリー

  • コネタの記事をもっと見る 2010年11月3日のコネタ記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

    コネタニュースアクセスランキング

    コネタランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    新着キーワード一覧

    コネタとは?

    B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

    その他のオリジナルニュース

    通知(Web Push)について

    Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら