review

「ドラクエ5」が欲しかっただけ……「かまいたちの夜」の我孫子武丸が今だから語った「夜のゲーム大学5」

「俺に勇気をくれ!!」と俺に握手を求めてからステージに上がる米光さん。
普段はこんなことを言う人じゃないのに、珍しく緊張しているみたいだ。

11月7日「夜のゲーム大学5」が阿佐ヶ谷ロフトAで行われた。

「夜のゲーム大学」はゲームクリエイターの麻野一哉さん、飯田和敏さん、米光一成さん3人のゲーム講義を、お酒を飲んだり、からあげを食べながらゆるい気持ちで見るイベントだ。

今回、エキサイトレビューライターの米光一成さんから「イベントやるから取材に来て来て~」とお誘いを受けたので行ってきました。取材で入るのは初めて。「3」と「4」は普通に見に行きましたよ。

米光さんにはしょっちゅう会っているけど、麻野さんや飯田さんとはもう半年以上もご無沙汰だったので、久しぶりに会いたかったというのもあります。


「夜のゲーム大学5」のサブタイトルは「Play or DIE ゲームの未来と再生」
ということで、3人が処女作、出世作、遺作について語るとのこと。
麻野さんだけ事前の会議に出席しておらず、よくわかっていなかったのか「なんでエロゲーの話をしとるんやろと思っていた」とボケを飛ばしていました。
どうやら、エルフの18禁ゲームの「遺作」と勘違いをしていたよう。

飯田「麻野さんだけスカイプの会議に来ないからだよ」
米光「そうだそうだー!」
麻野「あの時間はネットやらんって決めてたんよ」

まずは処女作担当の飯田さんのターン。
以前、飯田さんが作ったWiiウェアソフト

この記事の画像

「「ドラクエ5」が欲しかっただけ……「かまいたちの夜」の我孫子武丸が今だから語った「夜のゲーム大学5」」の画像1 「「ドラクエ5」が欲しかっただけ……「かまいたちの夜」の我孫子武丸が今だから語った「夜のゲーム大学5」」の画像2 「「ドラクエ5」が欲しかっただけ……「かまいたちの夜」の我孫子武丸が今だから語った「夜のゲーム大学5」」の画像3
編集部おすすめ

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る
お買いものリンク