bit

お祝いにはなぜ胡蝶蘭が定番なのか

お祝いにはなぜ胡蝶蘭が定番なのか
お祝いといったらやっぱり胡蝶蘭。最近は「MIX寄せ」鉢も人気のようです。
先日、プロ野球日本シリーズで優勝し、日本一となったロッテ本社(東京・新宿区)の前を通りかかったところ、入り口付近が一面、真っ白な胡蝶蘭で見事に埋め尽くされていた。

そういえば、お祝いといえば、「胡蝶蘭」が定番だけど、これはなぜなのだろう。
胡蝶蘭の栽培歴10年以上で、「全国花き品評会洋らん部門・農林水産大臣賞」受賞経験もある「Flower Shop はなやか」の株式会社リーフ代表・尾崎幹憲さんに聞いた。

「すごく難しい問題ですね。たぶんお祝い→お花→胡蝶蘭という流れで、『お祝いといえば胡蝶蘭』になったのだと思います。その理由として考えられるのは、胡蝶蘭にはニオイがないため、どこにでも合うことと、花に品格があること。そして、1番は長持ちをするところではないでしょうか?」
どのくらい長持ちするかというと……。
「たとえば、切花(花かごなど)では、開店やお祝いのその日はとても華やかですが、数日たってしまうと枯れてしまいます。しかし、胡蝶蘭は、1カ月以上はゆうに花が咲き続け、環境さえ合えば3~5カ月も咲き続けることがあるんです」

胡蝶蘭の中でも、特に「白」が用いられることが多いのは、なぜだろうか。
「白い花はどんなシチュエーションにもぴったり合い、周りの雰囲気を壊さず、なおかつ花としての存在感があるからではないでしょうか。あとは、白の品種改良が一番進んでいるので、同じ花の数でも他の色と比べると大大きく、花のもちも一番良いところがあるかと思います」

あわせて読みたい

  • カーネーション、日持ちさせるには?

    カーネーション、日持ちさせるには?

  • 花を保たせるゼリー

    花を保たせるゼリー

  • 人生には“切り”花が必要だ

    人生には“切り”花が必要だ

  • 阪急梅田のオアシス

    阪急梅田のオアシス

  • コネタの記事をもっと見る 2010年11月20日のコネタ記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    新着トピックス

    コネタニュースアクセスランキング

    コネタランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    おもしろの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    コネタとは?

    B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

    その他のオリジナルニュース