bit

大連の日本語書籍店「永東書店」

大連の日本語書籍店「永東書店」
日本語の書籍が所狭しと並ぶ店内。月並みな表現だが、ここが中国であることを忘れてしまう。
「何でもいいから日本語の本が読みたい!」。海外在住者なら、誰しも味わう問題だ。中国の大連に、そんな活字に飢えた日本人の強い味方となる中古書店がある。今回紹介する『永東書店』は、中国では珍しい『日本語書籍専門店』だ。中国人店長の宋さんに、店舗開店の経緯や苦労を伺った。

「私は約8年間日本で生活した経験があり、中古本店で働いていたため、日本の本が大好きなんです。ですが、中国に帰国してみて、日本の書籍が手に入らないことに不便を感じました。そこで、自分で日本語書籍のお店を作ろうと思い立ったんです。店長を私が務め、パートナーである永田さんが日本からの輸入を担当してくれています」と語る宋さん。

2010年8月の開店当初は活字を求める日本人の客が大多数だったそうだが、最近では中国人客も増えていると言う。

「現在ではお客様の約4割が中国人です。大連は比較的親日都市なので、日本語を勉強していたり日本への留学経験がある人も多いんです。そのため、日本語書籍を求める中国人も多いですね。ネット販売も行っており、中国全土から問い合わせをいただいています」と宋さん。

とはいえ、中国で日本語の本を扱うという特殊な事情ゆえ、開店には大きな苦労もがあったそうだ。
「当時、日本人に関係の深い大連になぜ日本語書籍店が無いのか疑問でしたが、開店を決めてわかった気がします。まず、法的なハードルがあります。中国で日本語書籍を扱うには国の認可を受ける必要があり、輸入する本の内容にも審査があるんです。また、関税がかかるため、どうしても値段があがってしまう。新書ではなく古本中心にしたのも、関税により上がる価格を少しでも抑えるためです」と、営業には苦労が伴う様子。それでもお店を開店し、継続するモチベーションはどこにあるのだろうか。

あわせて読みたい

  • まるで図書館 世界最大級の本屋さん

    まるで図書館 世界最大級の本屋さん

  • 中国の経済成長が日本人の髪型に及ぼす影響

    中国の経済成長が日本人の髪型に及ぼす影響

  • 中華料理長に聞いた「日本人がやたら好きなもの」

    中華料理長に聞いた「日本人がやたら好きなもの」

  • コネタの記事をもっと見る 2011年1月31日のコネタ記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

    コネタニュースアクセスランキング

    コネタランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    新着キーワード一覧

    コネタとは?

    B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

    その他のオリジナルニュース