review

遂に結果発表! あなたが選ぶ「Twitter文学賞 ツイートで選ぶ2010年ホントに面白かった小説」

遂に結果発表! あなたが選ぶ「Twitter文学賞 ツイートで選ぶ2010年ホントに面白かった小説」
左・国内一位『二人静』盛田隆二/光文社 右・海外一位『いちばんここに似合う人』ミランダ・ジュライ/新潮社
えー、杉江松恋です。2月5日に、第1回「Twitter文学賞 ツイートで選ぶ2010年ホントに面白かった小説」の座談会に出席してきました。みなさんUstreamの配信は、観ましたかーっ。
賞については、前回の記事を参照のこと。全員、復習! 文字通り、twitterの投票で2010年にいちばんおもしろかった作品を選ぶもので、ノースポンサー・手弁当の完全家内制手工業の賞である。ちなみにUsteamの配信もノーギャラかつすべて自前。賞の発起人であるトヨザキ社長こと豊崎由美氏、事務局スタッフを務めた石井千湖氏の他、評論家代表として大森望、佐々木敦の両氏、そして私・杉江松恋が座談会には出席した。

Ustreamで発表があった10位までの結果は以下のとおり。なお同点の作品が複数あった場合は同じ順位として扱うという方針である。

まずは海外作品から。投票総数は335。
1位:28票
ミランダ・ジュライ『いちばんここに似合う人』新潮社
2位:18票
トマス・ピンチョン『逆光』新潮社
3位:15票
エリザベス・ストラウト『オリーヴ・キタリッジの生活』早川書房
デイヴィッド・ベニオフ『卵をめぐる祖父の戦争』早川書房
4位:14票
ジョルジュ・ペレック『煙滅』水声社
ボストン・テラン『音もなく少女は』文藝春秋
5位:11票
ロベルト・ボラーニョ『野生の探偵たち』白水社
6位:10票
マックス ・ブルックス『WORLD WAR Z』文藝春秋
トマス・ピンチョン...続きを読む

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る 2011年2月7日のレビュー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース