review

本日授賞式! 芥川賞作家・西村賢太の分身、北町貫多の7つのひみつ

本日授賞式! 芥川賞作家・西村賢太の分身、北町貫多の7つのひみつ
『苦役列車』西村賢太/新潮社
本日、2月18日金曜日は、第144回芥川・直木賞の授賞式がある日だ。夜のニュースで中継映像が流されるか、みんなチェックしてみよう。
中でも気になるのが、西村賢太だ。受賞者のスピーチで何を言うんだろう。いきなり細川たかし「心のこり」を歌いだした諏訪哲史(第137回『アサッテの人』で受賞。その前の群像新人文学賞の授賞式のときは、八代亜紀「舟唄」を歌ったらしい)ぐらいのインパクトを残してもらいたいものである。「アッコにおまかせ」で和田アキ子に叱られるぐらいの蛮行に出てくれるといいのにナ!
さて、普段小説にあまり関心がない人は、この西村賢太という大柄な男が芥川賞を獲ったことが、なぜそんなに騒がれているのか不思議に思っているのではないかと推測する。たしかに同時受賞者の朝吹真理子(『きことわ』で受賞)と並んだところは、「美女と野獣」と呼ばれるのにふさわしい絵面だったけど。

受賞作『苦役列車』の奥付プロフィールを一部引用すると、「1967(昭和42)年7月、東京都江戸川区生れ。中卒。2007(平成19)年「暗渠の宿」で野間文芸新人賞を受賞。刊行準備中の『藤澤清造全集』(全五巻別館二)を個人編輯」とある。ここで書かれていないことは、西村が現在では少数派になった私小説の書き手であり、自分自身の分身ともいえる北町貫多という人物を主人公とした連作を書き続けているということだ。フィクションならではの嘘はもちろんあるはずなのだが、北町貫多が西村賢太という作家のオフィシャル・イメージ・キャラクターになっていることは間違いない。

あわせて読みたい

気になるキーワード

レビューの記事をもっと見る 2011年2月18日のレビュー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「本」のニュース

次に読みたい関連記事「本」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。