テーマは「疾走感」。とにかくこれだ!

2月23日に発売された、嵐の35枚目のシングル「Lotus」。メンバーの相葉雅紀主演で毎週金曜夜11:15よりテレビ朝日で放送中のドラマ「バーテンダー」の主題歌である。

初回限定盤通常版の2パターン発売していて、初回限定盤はPV付き。ガシガシの激しいダンスナンバーだ!全編通してガッツリ踊っているのは、昨年5月発売の「Monster」以来のこと。前へ前へと向かっていく、疾走感のあるリズム。毎回ドラマのクライマックスからエンディングにかけて流れるこの曲、ドラマ内での流しどころも曲の魅力を際立たせるのに一役かっている。

現在放送済みの「バーテンダー」1~4話で、「Lotus」が流れるポイントに注目して見てよう。

第1話エンディング
ヨーロッパのカクテルコンテストで優勝し、天才バーテンダーとしてフランスで活躍していた、相葉雅紀演じる佐々倉溜。帰国してからはバーテンダーはせずその日暮らしで過ごしていたが、バーの特集記事を組もうと溜を探していた雑誌記者の来島美和(貫地谷しほり)の影響で、またバーテンダーをやろうと改心。「やるしかないか」と、意を決して勢いよく自転車をこぎ出す。全速力で自転車をこいで、これからドラマの舞台となるバーLapinへ向かう。風を切りまさに疾走するそのシーンのBGMが、「Lotus」。

第2話エンディング
バレンタインデー翌日。溜に想いを寄せる美和が、一日遅れで照れながら「はい!どうせお腹ペコペコなんでしょっ」とぶっきらぼうにチョコパンを渡す。「ありがと」と囁きながらそっと美和の顔をのぞき込む溜。まさか、キス!?と思いきや、「……顔むくんでない?」と無神経発言。ムカついた美和がチョコパンを奪い取り駆け出し、それを取りかえそうと溜は追いかける。そんな追いかけっこのBGMが、「Lotus」。