review

Wikipediaにも載っていない! iPhoneアプリ「逃げ将棋」の遊び方

「逃げ将棋」って、知ってます?

「詰将棋」の親戚みたいなもので、王手をかけられた状況から、指定された手数だけ逃げ切れば良いんです。

そのため詰め将棋と違って、決まった最終形がありません。仮に五手目で詰む状況でも、出題が三手逃げだったら、三手まで逃げ切ればOK。相手の駒をとっても、手駒を指して防いでも、王様が単身逃げ出しても良い。フリーダムなんですね。

でも、まだ生まれたてのジャンルで、あのWikipedia先生にも項目がありません。細かいルールについても、まだ確定していないみたい。でも終盤の防御力を磨くには、持ってこいなんです。逃げ間違えてトン死しちゃった時ほど、切ないモノはないですよね。

そんな逃げ将棋を手軽に体験できるiPhoneアプリが「i羽生将棋」。その名の通り、羽生善治十九世名人監修のアプリです。もともと09年にニンテンドーDSで「羽生善治将棋で鍛える『決断力』DS」が発売され、そのiPhone版として登場しました。

単体の将棋アプリとしても、非常にユニークです。三段階の難易度が選べるCOM対局、二人対局、ルール解説などに加えて、「直感の七割は正しい」「勝つためには忘れる努力も必要です」といった羽生名人語録の収録や、羽生名人の最新対局結果までチェックできちゃいます。

そして本アプリ最大の特徴が、羽生名人になりきって次の一手を考える「着手予想」。初手から終局まで、名人の着手をどれだけ当てられるかに挑戦する、目から鱗の将棋クイズです。間違えた場合でも、正しい着手が表示されて、次の手番に進めます。対局中に羽生名人の一言解説が表示されるのが、ウンチク好きには嬉しいですね。

この記事の画像

「Wikipediaにも載っていない! iPhoneアプリ「逃げ将棋」の遊び方」の画像1 「Wikipediaにも載っていない! iPhoneアプリ「逃げ将棋」の遊び方」の画像2 「Wikipediaにも載っていない! iPhoneアプリ「逃げ将棋」の遊び方」の画像3
編集部おすすめ

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る
お買いものリンク