bit

最近聞く「副校長」、「教頭」とはどう違う?

最近聞く「副校長」、「教頭」とはどう違う?
教頭先生のイメージといえば、やっぱり『坊ちゃん』の赤シャツですよね。写真は『坊ちゃん』の舞台としておなじみの愛媛県道後温泉。
娘の小学校には「副校長先生」がいる。最初は「“教頭”じゃなくて“副校長”なんて、東京はハイカラな言い方をするんだな」と思った。

「教頭」と聞くと、まず思い浮かべるのは、夏目漱石の小説『坊っちゃん』の「赤シャツ」という人も多いだろう。それだけに、なんだか「教頭」より「副校長」のほうがカッコ良さそうな気もする。
だが、実はいま「副校長」は、東京に限らず、全国にいる。とはいえ、「教頭」がみんな「副校長」にかわったわけでもない。
どういう違いなのだろうか。文部科学省に聞いた。

「『副校長』は、職階的にいうと『校長』と『教頭』の間にあたります。校長は『校務を司る』役目で、副校長は『校長を助け、命を受けて校務を司る』役目。教頭は『校長・副校長を助け、校務を整理する』となっています。副校長と教頭との大きな違いは、副校長が校長の命を受けて“副校長自身の権限で決済などできる”のに対し、教頭はあくまで“整理する”役目だということです」
実は「副校長」は、平成19年に法律が作られ、平成20年4月から導入されているのだとか。とはいえ、法律の内容は「置くことができる」というもので、自治体によって置いているところと、そうでないところがあるのだという。

平成22年4月1日付では、全国の副校長数は3449名。
副校長が多い自治体は、東京がダントツの2342名(内、女性441名)。次いで、岩手の689名(内、女性164名)、静岡の118名(内、女性18名)があるが、副校長が全くいない自治体も相当ある。

あわせて読みたい

  • 子どもが呟く、公立校の「不公平」について

    子どもが呟く、公立校の「不公平」について

  • 九九の「7の段」でつまずく人が多い理由って?

    九九の「7の段」でつまずく人が多い理由って?

  • 「小2の算数が複雑すぎる」という噂

    「小2の算数が複雑すぎる」という噂

  • コネタの記事をもっと見る 2011年6月15日のコネタ記事
    「最近聞く「副校長」、「教頭」とはどう違う?」の みんなの反応 2
    • 匿名さん 通報

      人が多い世代が年取って役職不足になった県庁やら市役所が「課長」の下に「課長補佐」「課長待遇」「担当課長」「専門課長」を設ける様な物だな。外部からは一応「課長」と呼ばれるし。いずれ無駄。

      0
    • 匿名さん 通報

      たとえば高校では全日制に校長・教頭、定時制に副校長を配置していることも多いから必ずしも無駄とは言えない。

      0
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    新着トピックス

    コネタニュースアクセスランキング

    コネタランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    おもしろの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    コネタとは?

    B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

    その他のオリジナルニュース