bit

走った後に食べる“ランナー向けラーメン”

走った後に食べる“ランナー向けラーメン”
ランナーに摂ってほしい栄養素が、このラーメンにはたくさん含まれている。
一時期、毎日のランニングを自身に課していた。それこそ、1日に一時間強。その後は、もうクタクタ。しばらく何をする気も起きないし、ハッキリ言って食欲も減退する。
この状態になると、食べられるメニューが限定されてしまうのだ。たとえば、このシチュエーションでのステーキはキツかった。揚げ物だって、シラフで食べたい。では、何がいいか? やっぱり、それは麺類だろう。スルスル~ッと、口に入ってしまうから。

しかし、これはもっと打ってつけ。「麺屋武蔵 神山」(東京都千代田区)が7月15日~8月20日までの期間、1日20食限定で提供するメニュー『走快麺(そうかいめん)2011』は、走った後に食べていただきたい“ランナー向けラーメン”だ。

このラーメンを企画したのは、皇居近くのランナー向けコミュニケーション施設「ラフィネ ランニングスタイル」のランニングアドバイザー・木村ヤスト氏。同施設のオープン一周年を記念し、今回は「麺屋武蔵 神山」とコラボレーション。同店の齋藤店長の手によって、新ラーメンが開発された。

ちなみに、どこが“ランナー向け”なのか? まず麺の原料には、小麦の皮の部分である「ふすま」を焙煎して使用している。この「ふすま」とは玄米でいう“ぬか”にあたる部分で、食物繊維、カルシウム、鉄分が豊富とのこと。
「ふすまを使用したのは、このラーメンが日本初です。麺にして繋げるのが難しい食材なので、他店さんでも実現できなかったようです」(齋藤店長)

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る 2011年7月25日のコネタ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

おもしろの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース