COMPLEXがライブで復活する」と発表されたとき、多くの人が驚いた。筆者も驚いた。7月30日(土)と31日(日)に行なわれた東日本大震災の復興支援を目的としたチャリティーライブ、タイトルは「日本一心」。ところは東京ドーム、21年前の1990年11月8日、COMPLEXが最後のライブを行なった場所だ。

いちおう説明しておくと、COMPLEXとは吉川晃司と元BOOWYの布袋寅泰による2人組ユニットである。1988年12月に結成して大きな話題を呼んだが、シングル2枚、アルバム2枚のみを残して活動休止に至った。活動期間はわずか2年、吉川は自嘲気味に「活動急死」と表現した。

活動休止に至った経緯と理由については、『バンド臨終図巻』(速水健朗、円堂都司昭、栗原裕一郎、成松哲との共著/河出書房新社)に書いたのでそちらをご覧いただきたい。理由を簡単に言うと吉川と布袋の「目指している音楽性の違い」と「不仲」だった。活動休止ライブの後、布袋は吉川に「一緒にやらなかったら友達でいたよな」と声をかけたという。「日本一心」と銘打つのはいいが、そもそも21年ぶりに再会した2人は“一心”なんだろうか? そんな懸念を抱いていたのは筆者だけではないはずだ。

とにかくチケットを手に入れて、2日目の31日に東京ドームに向かった。会場の外には30~40代と思しきファンがびっしり、東京ドームの中に入れば見事なフルハウス。実に2日間で10万人を動員したらしい。