review

理想の少女ゾンビをつくって破壊しあう。TRPG「永い後日談のネクロニカ」制作者インタビュー

9月1日に「永い後日談のネクロニカ」というTRPGと、そのリプレイ「ネクロニカ・リプレイ 『お茶会をもう一度』 」が発売されました。
なんと少女ゾンビになって破壊しあうというTRPGです。
早速制作者に、このゲームの魅力と手軽さについてインタビューさせていただきました。


ゾンビっ子が破壊しあうTRPGは斬新ではない?

――最初表紙絵でつられたんですよ。
愛甲えめたろう(以下、愛甲) あの器械さんのイラストは、作品の方向性を分かりやすく例示したものだと思います。
神谷涼(以下神谷) 中身はもっとアレなので、表紙で関心持っていただけた方には十分満足いただける内容ですよー。
――TRPGとしては異色だと思うんですが?
愛甲 単純にシステムの問題で言うなら、決して異色ではないと考えます。戦闘でパーツが破損してゆく戦闘ゲームは過去にいくらでもあるからです。 ただし、それはどれもロボットモノだったわけですが。
神谷 ですね。ロボよりゾンビが好きだから、ゾンビでやろうって思っただけでしたし(笑)
愛甲 パーツが破損してゆくシステム自体は対して斬新ではありませんし、戦闘エリアを大まかに分割したり、カウントで行動を動かすゲームもありふれています。システムとしてはTRPGユーザーからは受け入れやすいものと思います。マシンパーツでなく、生体パーツで、無骨なロボではなく、可憐な少女の四肢が飛び散るのが普通じゃないだけで。
――システムをいかしながら、コンセプトを大幅に変えたのでしょうか。

この記事の画像

「理想の少女ゾンビをつくって破壊しあう。TRPG「永い後日談のネクロニカ」制作者インタビュー」の画像1 「理想の少女ゾンビをつくって破壊しあう。TRPG「永い後日談のネクロニカ」制作者インタビュー」の画像2
編集部おすすめ

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る
お買いものリンク