スライムって最初のイメージはこんなのだったのかーーーーっ!
衝撃である。
いや、当然といえば当然か。

■ドラゴンクエスト制作資料がずらーっ!
『ドラゴンクエスト展』(公式)に来ている。
三部構成の展示のまんなか、資料編に足を踏み入れたとたん、わーってなって先にずんずん歩いてしまった。いやいやじっくり観なきゃって戻ったりした。興奮で一緒に来ている人のことを忘れてしまった。
何しろドラゴンクエスト制作資料がずらーーーーっと並んでいるのである(書籍化希望!)。

■手書きのオープニングストーリー
「ドラゴンクエスト」の最初に書かれたオープニングストーリーが展示されている。ワープロやパソコンで書かれたのではない。手書きだ。堀井雄二さんの手書きだ。
偉大なる予言者ムツヘタは、いいました。
「やがて、この地のどこかに、伝説の勇者ロトの血を引く者が現われる。
その者が、竜王を滅ぼすであろう」と。

なんて書いてある!
「ドラゴンクエストI」本編にはムツヘタは登場していないはずだ。カタカナのツが使えないから。

■ホイミはホーミになったかもしれない!


初代『ドラゴンクエスト』の容量は約64キロバイト。ケータイの待ち受け画面1枚分にも満たないサイズだ。そこにプログラム、メッセージ、音楽、冒険のすべてを収める必要がある。
だから、使う文字も制限された。漢字は使わない。ひらがな69文字(濁音20文字)、カタカナ18文字(最終的に20文字)だ。

この記事の画像

「堀井雄二「恥ずかしい昔の資料も掘り起こした」――『誕生25周年記念ドラゴンクエスト展』レポ」の画像1 「堀井雄二「恥ずかしい昔の資料も掘り起こした」――『誕生25周年記念ドラゴンクエスト展』レポ」の画像2 「堀井雄二「恥ずかしい昔の資料も掘り起こした」――『誕生25周年記念ドラゴンクエスト展』レポ」の画像3