review

決定、第146回芥川賞直木賞! 不機嫌会見の田中慎弥「共喰い」の真価は?

第146回芥川賞は円城塔「道化師の蝶」、田中慎弥「共喰い」、同直木賞は葉室麟『蜩ノ記』がそれぞれ受賞を果たした。円城塔は3回目、田中慎弥と葉室麟は5回目の候補での栄冠獲得である。おめでとうございます。特に「道化師の蝶」は、筆者にとって心の受賞作でもあった。なんだかわが子が表彰状を貰ったような気分です。嬉しいな。

芥川賞候補作全解説はコチラ 直木賞候補作全解説はコチラ

受賞者の記者会見の模様と、全候補作についての解説が昨日のニコニコ生放送で放映された。司会は井上トシユキ、解説者は栗原裕一郎・ペリー荻野の各氏だ。ご覧になった方も多いと思うが(タイムシフト予約で今から観られる人は楽しみにしておいてください)、栗原裕一郎氏による芥川賞解説がすばらしいものだった。あれ、恒例にしてそのうち本にまとめてくれないかな。特に「七月のばか」「道化師の蝶」の両作についての読み込みが深く、たいへん感心させられた。「道化師の蝶」のあらすじを説明しながら「何を言っているかわからないと思いますが」と何べんも言っていたのが印象に残っている。そうだよなあ、知らない人に「道化師の蝶」について説明するのは大変だよなあ。
記者会見では二番手として登場した田中慎弥がなぜかやさぐれモードで、場の話題をかっさらっていった。シャーリイ・マクレーンの言葉を引用しながら「せっかくの機会だから辞退してやろうかと思ったが、選考委員がびっくりして都政に支障が出るのも困るのでやめておいた」だの「都知事はおじいさん新党を作ろうとしているそうなので、ぜひそちらに専念してほしい」(いずれも大意)だの言いたい放題で、参集した記者からは「なぜそんなに不機嫌なのか」「待ち会でお酒を飲みすぎたのではないか」「石原都知事をどう思いますか」といった普段では出ないような質問が飛び出す始末。前で理知的に話をした円城塔と最後に地方在住者の歴史作家の気構えを語った葉室麟が必要以上にいい人っぽく見えたのであった。視聴者の田中慎弥幻想は、あれでだいぶ高まったはずだ。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「芥川賞」に関する記事

「芥川賞」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「芥川賞」の記事

次に読みたい「芥川賞」の記事をもっと見る

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2012年1月18日のレビュー記事

キーワード一覧

  1. 芥川賞 高橋弘希

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。