review

テレビ東京「ジョージ・ポットマンの平成史」は平成版「カノッサの屈辱」!?

テレビ東京「ジョージ・ポットマンの平成史」は平成版「カノッサの屈辱」!?
テレビ東京で土曜深夜0時50分より放映中の「ジョージ・ポットマンの平成史」番組公式サイトより。「日本の視聴者の皆様へ」と題する、番組ナビゲーターのジョージ・ポットマン教授からのメッセージには、始まって四半世紀が経とうとしている平成という時代が、世界はもちろん日本の歴史においてもこれまでに例を見ない激動の時代であり、それは「平成文明」ともいうべき異質な時代であると書かれている。ほかにも同番組がもともとはイギリスのCBBテレビで「Mysterious Japan in Heisei era」と題して放送されたものだとか、いちいち芸が細かい!
むかーし昔、テレビの深夜番組の黄金時代というのがありました。それは平成がはじまる前後のこと、テレビ各局が24時間放送を開始すると、深夜帯はスポンサーなどによる制約が比較的少ないこともあって、低予算ながら実験的、意欲的な番組が次々と登場します。フジテレビの「カノッサの屈辱」はそのひとつです。1990年から翌年にかけて放映された同番組は、現代の流行の変遷を教科書的な歴史上のできごとになぞらえて話題を呼びました。いわば、望遠鏡をひっくり返すように近過去を振り返ってみたわけです。

さて最近また、「カノッサの屈辱」を彷彿とさせるような深夜番組が登場して一部で話題を呼んでいます。それがテレビ東京で昨年秋から放送されている「ジョージ・ポットマンの平成史」です。「カノッサ」がそうであったように、この番組でもまた、現代日本の流行や世相、社会現象に考察が加えられているのですが、その手法はかなりひねったものとなっています。

まず、イギリスCBBとテレビ東京の共同制作を謳い、ジョージ・ポットマンというイギリス・ヨークシャー州立大学教授をナビゲーターに、外国人の視点から現代日本が考察されているという点。ただし、CBBという放送局もヨークシャー州立大学もジョージ・ポットマンなる教授も実在はしません(「カノッサ」の仲谷昇教授というのが番組内だけの設定であったように)。その意味で、この番組はフェイクドキュメンタリーといえるかもしれません。あるいは、イザヤ・ベンダサンの...続きを読む

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る 2012年1月27日のレビュー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース