bit

街の個性は看板にあり! 「街フォント」づくりに挑戦

街の個性は看板にあり! 「街フォント」づくりに挑戦
吉祥寺の街にある看板から作られた「街フォント」。「Excite Bit コネタ」もこんなに雰囲気のある文字に。
街は看板で溢れている。周囲を見渡せば、たくさんの情報が際限なく目に飛び込んでくるし、街中で写真を撮ると必ず何かの文字が写り込む。すでに風景の一部と化している看板の文字。これはもはや、ただの情報ではなく、街の個性となっているのかもしれない。存在する店は同じでも、看板の文字が街のカラーを生み出しているのでは?

そんな発想から、吉祥寺をフィールドにつくられたのが「街フォント」。街中で見かける看板の文字を撮影して取り出し、カタカナとアルファベットのフォントとしてまとめたものだ。どこかで見たような文字や、一見解読できないような文字もあり、一文字一文字が強い個性を放っている。統一感のないようにも見えるが、「Excite Bit コネタ」とこのフォントを使って実際に書いてみると、意外に全体としての雰囲気が出てくるようにも思えるから面白い。

「街フォント」を手掛けたのは、街をフィールドに活動するクリエイティブユニット「ミリメーター」の笠置秀紀さんと宮口明子さん。2008年頃からフィールドワークを重ね、PC用の「街フォント―吉祥寺」と、1冊のブックにまとめあげた。ブックには、文字ごとの位置情報も記載されており、街と文字をリンクさせた作品に仕上がっている。

この街フォント、様々な街を舞台につくってみると、街の個性が表れてくるかもしれない。思い立った私はさっそく、自分の住む茅ヶ崎市で看板を探し歩いてみることにした。笠置さんに教えを請うと「他の人にも共感してもらえるのが重要なので、まずはその街でみんなが知っているような場所を選ぶといいですよ。あとは街を歩いているときに偶然出会った文字も大事です」とのこと。教えに従い、人で賑わう駅前から観光客も訪れる海周辺までを探し歩いて探し当てた「アイウエオ」と「ABCDE」は、写真(下)のとおり。どうでしょうか。茅ヶ崎の個性、感じられますか?

あわせて読みたい

  • 読みやすさを追求した「つたわるフォント」とは?

    読みやすさを追求した「つたわるフォント」とは?

  • 「ターミネーター」で使われてるフォントをパソコンで使う

    「ターミネーター」で使われてるフォントをパソコンで使う

  • コネタの記事をもっと見る 2012年3月30日のコネタ記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    > 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

    コネタニュースアクセスランキング

    コネタランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    新着キーワード一覧

    コネタとは?

    B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

    その他のオリジナルニュース