review

「告訴しようかと思ってる」『プリキュア シンドローム!』発売記念ライブでプロデューサーが贈った言葉

「告訴しようかと思ってる」『プリキュア シンドローム!』発売記念ライブでプロデューサーが贈った言葉
書籍『プリキュアシンドローム!』発売記念トークライブ。左から志田英邦・鷲尾天・加藤レイズナ・たまごまご。<br /><br />2012.3.17 東京・秋葉原cafe bar sixteen 3F イベントスペースにて
「これで、終わると思ったでしょ?」と、プリキュアのプロデューサー鷲尾天が言う。
終わりではなかった。彼は、手紙を取り出したのだ。

書籍『プリキュア シンドローム!』発売記念トークライブの会場(cafe bar sixteen主催「CrazyJapan」)だ。
3月17日、客席は定員オーバー。キャンセル待ちで入場できなかった人も多かったようだ。

2004年『ふたりはプリキュア』からスタートした女児向けアニメーション「プリキュア」シリーズは、現在「スマイルプリキュア!」を放映中。約9年の長期人気アニメーションシリーズと化している。
その「プリキュア」シリーズの転換点となったのがシリーズ4・5作目の「Yes!プリキュア5」「Yes!プリキュア5GoGo!」。
『プリキュア シンドローム!』(エキレビのレビューはこちら)は、その2作の制作スタッフ25人にインタビューした本だ。
本の出版記念トークライブ、第一部は、著者の加藤レイズナ、『プリキュアぴあ』メインライターの志田英邦、「エキレビ!」でもおなじみたまごまごの3人がプリキュアについて熱くトーク。
第二部ゲストとして、プロデューサー鷲尾天が登場した。
本の感想を聞かれて、「(こんなに秘密を暴かれて)告訴しようかと思ってる」と最初からジョークで場を湧かす。
印象に残ったのは、好きな台詞は何かという質問の答え。
「(「ふたりはプリキュア」で)宿題ができてるかできてないかってエピソードで、最後の最後に宿題がやっぱりちゃんとできてない。それで、最後に「これから勉強もがんばるぞー、なるべく」っていうんです。この台詞がすごく好きで」

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2012年3月30日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。