bit

和紙で作ったベビー靴

和紙で作ったベビー靴
伝統的な手法を用いて、靴全体に厚みを持たせた。
以前、コネタで「和紙だけど破れないバッグ」という記事をお送りした事がある。「現代の生活に合った和紙製品を作りたい」という思いで開発された鞄についてのリポートであった。

そして、今度はベビー靴。島根県西部に伝わる石州和紙を製造販売する「かわひら」(島根県浜田市)が4月1日から発売している『神の国から 紙のくつ』は、“和紙で作ったベビー靴”。
「この靴は、歩き始めから1歳の赤ちゃんを対象としております。実際に赤ちゃんに履いていただいて、何度か使用していただく事を想定しながら製造しました」(同社・川平さん)
使用後は記念として飾るといいかもしれない。もしくは保管して、将来訪れる成人式や結婚式などに記念品として渡したり……。

では、どこからどこまでが和紙なのか? ……もう、全てだ。ひもや縫製用の糸に至るまで、どこもかしこも和紙。
そこで、気になるのは耐久性。しかし、その辺りも抜かりは無しだ。紙の製造時には「溜め漉き(ためすき)」という伝統手法を採用したので、靴全体に厚みがあるという。
「型紙は紙の厚みを出すため、はがきなどを漉くときに用いる“溜め漉き”で。つむぎ糸は薄さと強靭さを兼ね備えるため、伝統的な“流し漉き”にて、1枚1枚手作業で作られています」(川平さん)
脱水後は干し板に干し、日陰で時間をかけて乾燥。以上の工程で、こだわりを持って作成したそうだ。

そして、ある意味最も気を付けたいポイントについて。これは、ただの靴ではない。“赤ちゃん用”の靴なのだ。

あわせて読みたい

Excite Bit コネタの記事をもっと見る 2012年4月30日のコネタ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース