review

「TIGER&BUNNY」の監督が絶対にアニメ化できないマンガ『アシュラ』に挑んだギャ!

「TIGER&BUNNY」の監督が絶対にアニメ化できないマンガ『アシュラ』に挑んだギャ!
「アシュラ」2012年9月29日(土)ロードショー。<br /><br />(C)ジョージ秋山/アシュラ製作委員会
「生まれてこないほうがよかったのに」

1970年から1971年にかけて少年マガジンで連載されていた『アシュラ』(ジョージ秋山)が9月29日から劇場公開されることが決定。公式サイトも昨日(5月15日)オープン。
監督は「TIGER&BUNNY」のさとうけいいち、脚本は「モノノ怪」「墓場鬼太郎」「図書館戦争」なども手がけている高橋郁子。
声優が、豪華! メインキャラクター、アシュラ役は野沢雅子、法師役は俳優の北大路欣也が演じる。ほかにも林原めぐみ、玄田哲章、平田広明、島田敏、山像かおり、山口勝平、水島裕などベテランがズラリ!

パンフには「絶対にアニメ化できないマンガNo.1」とある。なぜだろう。
おれが生まれる17年前のマンガなのか。読んでみた。

「ギャワーン」
たしかにこれはアニメ化できない。読んですぐ思った。なんせ、いきなり男が子どもを食べているシーンからはじまる。
妊娠している女が、人肉を食べる。おなかの子どもに栄養を与えるためだ。生まれた子ども(アシュラだ!)におちちを飲ませるために、また人肉を食べる。腐っている死体から、うじを払いのけ、食う。
とうとう、食べ物がなくなった。どうする。母親は〈食べられるのはお前だけ……〉。火のなかにアシュラを放り込む。焼かれながら、思う。
「生まれてこないほうがよかったのに」
嵐が巻き起こり、川に流されたアシュラは一命を取りとめる。

15世紀中期(室町時代)。災害により荒野と化した京都。飢饉のため、獣のように生きていくしかない世界。少女、若狭や法師と出会い、アシュラの人間性は目覚めていく。

あわせて読みたい

  • 狭い視界に手に汗握る! キャメロン総指揮の洞窟映画「サンクタム」

    狭い視界に手に汗握る! キャメロン総指揮の洞窟映画「サンクタム」

  • 260キロと260キロがすれ違う時、何かが起こる、映画の「奇跡」。「誰も知らない」の是枝裕和最新作

    260キロと260キロがすれ違う時、何かが起こる、映画の「奇跡」。「誰も知らない」の是枝裕和最新作

  • 関ジャニと映画「クレヨンしんちゃん」がおケツをスリスリコラボだゾ!

    関ジャニと映画「クレヨンしんちゃん」がおケツをスリスリコラボだゾ!

  • キュッ! キュッ!「アトムの足音が聞こえる」。伝説の音響デザイナーを追ったドキュメンタリー

    キュッ! キュッ!「アトムの足音が聞こえる」。伝説の音響デザイナーを追ったドキュメンタリー

  • 気になるキーワード

    レビューの記事をもっと見る 2012年5月16日のレビュー記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    次に読みたい関連記事「漫画」のニュース

    次に読みたい関連記事「漫画」のニュースをもっと見る

    新着トピックス

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース