review

200種類も機能が増えたと評判の「Mountain Lion」を超ていねいに解説してみた

200種類も機能が増えたと評判の「Mountain Lion」を超ていねいに解説してみた
大きいデータ(この場合は自分で録画した番組のデータ)をコピーしたりすると、こんな風にインジケーターが出てきます。アイコン表示や詳細表示でもそれぞれ出てくるので、作業しているファイルかどうかがわかります。
2012年7月25日に新しいMac OS X「Mountain Lion」が発売されました。早速ダウンロードしてあれこれ使ってみています。例によって200種類も機能が増えた! というふれこみなのですが、さすがにまだ200種類全部を体験していません。でも、この辺が特に便利! という部分をまとめてみました。

見た目はあまり変わっていない?!

まず、見た目です。あまり変わっていません。前バージョンのLionでは、Mission Controlという機能が加わりSpacesが無くなったことでちょっと画面のレイアウトというか、使い勝手が変わりました。でも、Mountain Lionではその部分は変わっていないのですね。

ただ、すごい細かいところが変わっています。

例えば、ファイルのアイコンがより見やすくなっています。Finderを使ってデータのコピー&ペーストをしたりアップロードをしたりダウンロードをしたりするとあとどれぐらいかかるのかが何となくわかるようになりました。いわゆる「ダウンロード完了まであと何秒」という小さいウインドウも出るのですが、Finder上のアイコンにもインジケーターが出るようになりました。ちなみにファイル詳細ビューだと、ファイルサイズのところにインジケーターが出て、いまダウンロードしている最中のファイルなんだなというのが一目でわかるようになっています。

地味なんですけど、これは便利です。まだこのファイルは完全な状態じゃないから触っちゃいけないんだなーというのがわかるのですね。

あわせて読みたい

この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース