ピンク色も発表され、カラーバリエーションがだんだんと増えてくるであろうニンテンドー3DSLL(以下3DSLL)。今までのニンテンドー3DS(以下3DS)と比べて画面が大きくなっただけじゃないの? と思う方も多いと思います。でも実は、色々なところがパワーアップしているのですよ!

というわけで、3DSLLは3DSと比べていったいどう違うのか? というところを解説していきましょう。

■画面は1.9倍に!

最大の売りはやっぱりこれですね。箱にも「ニンテンドー3DSより約1.9倍大きな画面になりました」と書いてあります。やっぱり大きくて気持ちいいです。

エキレビでは多根さんもこちらの記事で「今までの3DSはHD画質を古ぼけたブラウン管で見ていたとすれば、3DSLLはハイビジョンぐらいの違いを感じる」と書いていますが、まさにそんな感じです。大きいことはいいことだったのですね。

■改良されたボタン類

3DSで最大の不満点と言えば「押し易すぎる電源ボタン」と「押し難すぎるHOME、START、SELECTボタン」でしょう。

3DSではゲームを中断して別のゲームに移る時には「HOMEボタン」を押します。このときにゲームはあくまで「中断」なので、そのままHOMEボタンをもう一度押すとゲームを再開できるようになっています。なので、ゲームに夢中になっているあまりHOMEボタンを押してしまったとしても安心なのですね。

電源ボタンは押すとスリープに移行します。ゲームとかを起動していない状態でスリープになるため、省電力状態のまま「すれちがい通信」や「いつの間に通信」を楽しむことができます。

この記事の画像

「3DSと何が違うの? 3DSLLのパワーアップを超ていねいに解説してみた」の画像1 「3DSと何が違うの? 3DSLLのパワーアップを超ていねいに解説してみた」の画像2 「3DSと何が違うの? 3DSLLのパワーアップを超ていねいに解説してみた」の画像3