bit

日本で唯一の古墳ブルースシンガー、まりこふんは古墳でコーフン!

日本で唯一の古墳ブルースシンガー、まりこふんは古墳でコーフン!
箸墓古墳の「くびれ」部分。古墳ファン興奮のスポットで、くびれ部分が歩けるのは貴重なんだそうだ。
秋も深まってきて、すっかりセンチメンタルな気分。あぁ、人恋しい……。しかし、人ではなく、古墳が恋しいと嘆いている女性がいる。彼女の名前は、まりこふん。「古墳が好きなMARI」だからまりこふん。日本でただ一人の「古墳ブルースシンガー」だ。まりこふんは元々、女の情念を唄う「BLACK&BLUE」のヴォーカルとして活動していたが、古墳の魅力にハマってしまい、一人で全国の古墳を訪ねていくようになったという。古墳への切なる想いを唄った「古墳ブルース」が好評で、ピアノを片手に古墳のトークショーを主催するほどだ。果たして、そこまでハマってしまったいきさつは何なのか? まりこふんさんに、お話を伺った。

――そもそも、古墳に興味をもったきっかけは何ですか?
「6年ぐらい前に、深夜に放送されていたアニメ『古墳ギャルのコフィー』を観たのがきっかけですね。コフィーが可愛いっていうのもあったけど、観ていくうちに古墳用語が気になって、色々と調べていくうちに本物の古墳を観たくなり、一人でどんどん観に行くようになりました。学生の頃は古墳っていうと堅苦しいイメージでとっつきにくかったのに、コフィーを観た途端にイメージが一転しましたね」

まりこふんさんが観に行った古墳はわずか6年で、100を超えるという。

――初めて行った古墳は?
「すごくベタですけど、仁徳天皇陵です。あのカギの形をしているところが可愛いと思って。ところが、行ってみると大きすぎて、立ち入り禁止だから中に入ることはできないし、カギの形すら認識することができなかったんです。少しでも形を確認したくて、まわりを1時間かけて歩いたり、歩道橋に上がってみたりしたけど、全く形状がわからなくて……。あまりに切ない気持ちになってしまって、帰りの新幹線の中で『麗しの仁徳綾』という曲を作ったんです」(まりこふん)

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2012年11月8日のコネタ記事

キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。