bit

調剤薬局で、こんな経験ありませんか

「今日はどうされましたか。○○の症状ですか? △△ですか?」
レジが隣り合って複数並ぶ調剤薬局のカウンターなどで、病気や体調のことを大きな声でノーテンキな調子で聞かれ、嫌な思いをしたことはないだろうか。

院外処方では、他の薬との飲み合わせのチェックなどの意味もあり、病状・体調について調剤薬局のカウンターで尋ねられることが多々ある。
でも、周りに聞こえるような大きな声で病状や体調のことを言われるのは、正直、あまり良い気がしない人も多いだろう。
また、病院で十分に話をしてきたのに、改めて薬局で形式的な質問を繰り返される煩わしさというのも、少なからずある。

一方で、今も「院内処方」にしている医院もあり、嬉しいのは、小さな子どもを連れているときや、雨の日などには、わざわざ薬局に移動せずに処方してもらえること。病院で長時間待って、薬局でまた待つという手間がないのもありがたい。
さらに、院外処方にすると、薬局の取り分が増えるので、お金が高くなるという点もある。
こうした院外処方のデメリットをいろいろ考えていくと、昔のように院内処方のほうが良いんじゃないかという気もしてくるが……。

それらについて、大学病院の薬剤部員は、こんな話をしてくれた。
「そもそも薬剤師が『調剤』だけをするのは日本だけですよ。これは歴史的な部分がかかわっているのですが、薬剤師はもともと1240年に神聖ローマ帝国のフリードリッヒII世が作ったもので、当時は王様や貴族が主治医に毒殺される事件が相次いでいました。そこで、フリードリッヒII世が医者に毒を盛られることを恐れ、薬のチェックを別の人間にやらせたことが『医薬分業』の始まりだったんです」本来は、薬剤師は「監査役」であり、医師の指示で処方するのではなく、治療において連携していかなければいけない立場だそう。

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

おもしろニュースランキング

おもしろランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2012年11月29日のコネタ記事

キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。