review

川上とも子は誰よりも少女革命ウテナだ。今も輝いている「少女革命ウテナ テアトルAN上映会カシラ」レポ

川上とも子は誰よりも少女革命ウテナだ。今も輝いている「少女革命ウテナ テアトルAN上映会カシラ」レポ
『少女革命ウテナ』の幾原邦彦監督。最新作は2011年の『輪るピングドラム』。イベントに出演する幾原監督は赤い服を着ていることが多いのですが、今回もやっぱり赤かった!
「本編上映の前に、皆さんに見ていただきたい映像があります」
司会進行のスターチャイルドの池田慎一プロデューサーの言葉のあとで、館内が暗くなります。壇の中央にいた幾原邦彦監督が、舞台袖の方に移動します。
スクリーンに映し出されるピンクの文字。
「TOMOKO KAWAKAMI 1970-2011」

12/8にテアトル新宿で行われた「少女革命ウテナ テアトルAN上映会カシラ」。15周年を迎えたアニメ『少女革命ウテナ』のオールナイトイベントです。チケットは指定席・立ち見席ともに約2分で完売。そんなイベントに、cakesのひらりささんと参戦してきました。
今回のイベントは、待望のBD-BOXの発売を記念したもの。幾原邦彦監督のトークイベントに、TV版のセレクション上映に、観客へのプレゼント抽選と、あっという間の六時間。幾原監督による上映回のセレクションは、「川上とも子セレクション」と称されています。
川上とも子さんは、『ウテナ』の主役・天上ウテナを演じた声優。他の代表作に『ヒカルの碁』(進藤ヒカル)、『ARIA The ANIMATION』(アテナ・グローリィ)、『AIR』(神尾観鈴)などがあります。
川上さんは2011年6月に病気で亡くなりました。声優界に与えた大きな影響と貢献を讃えて、2012年3月の第6回声優アワードで〈表彰すべき特別な活動〉に対する賞「声優アワード特別賞」を受賞しています。
ウテナは、男装をしているボクっ娘。でも「王子様になるんだ!」と言うのと同じ口で、「ボクは女の子だよ」とあっけらかんと言えてしまう。アンバランスなキャラクターなんです。そのアンバランスさを支えているのが、明るくまっすぐな川上さんの声。『ウテナ』という作品も、ウテナというキャラクターも、川上さんの声を欠かすことはできません。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2012年12月10日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。