review

天皇制、全共闘議長、新東京都知事・猪瀬直樹の著書と経歴

きのう(12月16日)実施された東京都知事選挙で、前都副知事の猪瀬直樹が当選した。直木賞作家の青島幸男、芥川賞作家の石原慎太郎に続き、これで3代続けて作家出身者が都知事を務めることになる。

とはいえ、前任者の石原慎太郎が大学在学中、20代で華々しくデビューして一躍時代の寵児となったのに対し、猪瀬が文筆活動を始めたのは30代と遅咲きの部類に入る。ちなみに国立国会図書館の雑誌記事検索で出てくる彼のもっとも古い署名記事は、30歳のときに「現代の眼」という雑誌に書いた「院生老い易く職得難し――博士浪人」(同誌1977年4月号)というもの。何だか昨今のポスドク問題を先取りしたようなタイトルだが、猪瀬自身、大学卒業後は定職に就かないまま《十数枚の名刺を使い捨てた二十代を経て》『ノンフィクション宣言』)文筆生活に入っている。

猪瀬の初めての著書は、1983年3月、36歳のときに上梓した『天皇の影法師』だ。その後もこの年だけで、『昭和16年夏の敗戦』『日本凡人伝』『死者たちのロッキード事件』と計4冊の本を刊行している。これはたまたま刊行時期が重なったのではなく、きわめて戦略的なものであったと考えたほうがよいだろう。これらの本を踏まえて今後は活動を続けていくのだ――そんな彼の決意が読み取れるほど、この4冊にはその後の彼の仕事を予感させる要素が随所に見られる。まさに「処女作にはその作家のすべてがある」という言葉を地で行くように。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「直木賞」に関する記事

「直木賞」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「直木賞」の記事

次に読みたい「直木賞」の記事をもっと見る

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2012年12月17日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。