かつては子ども向けアニメのイメージがあった、ムーミン。でも、最近はアパレルブランドから可愛い服が出ていたり、輸入雑貨店などでオシャレなカトラリーやテーブルウェア、文房具など、様々なグッズを見かけるようになった。

そういえば、ムーミンカフェもできているし、フィンランドの独立記念日でもある12月6日には、二子玉川に日本最初の「MOOMIN SHOP」もオープンしたらしい。

いまなぜ「ムーミン」なの? MOOMIN SHOPを運営する「ベネリック」の担当者に、お店を作ったきっかけを聞いた。
「昨今『ムーミン』は、優れた文学性と芸術性で、北欧文化やデザインを象徴するアイコンとして注目を集めています。ストーリーの奥深さや、原作アートのグラフィカルな魅力から、大人の女性に多く支持されている特異なキャラクターであるように感じております」

アラビア(イッタラ)、エーケルンド、クリッパンをはじめとした北欧の有名ブランドが数多く商品化しているだけでなく、国内でもデザイン性の高い商品が多く登場している「ムーミン」。
そこで、「『ムーミン』という作品なら、商品を沢山集めただけのキャラクターショップとは違った、生活シーンに溶け込んだライフスタイルを提案するショップができる」と考え、国内初の「MOOMIN SHOP」のオープンに至ったのだと言う。

ムーミン人気は、やっぱり北欧ブームの影響なのだろうか。
「確かに、ここ数年、北欧ブームとリンクして、ムーミン商品の取扱店舗が増えているように思います。特にインテリアショップ、アパレルショップのような、通常のキャラクターとは違ったチャンネルで多く見かけるように感じます」