bit

史上初!車両基地がDVDに!車両基地のヒミツを手老善さんに聞いてみた

史上初!車両基地がDVDに!車両基地のヒミツを手老善さんに聞いてみた
前代未聞の「車両基地」DVD(ユニバーサル ミュージック)。車両基地の映像だけでなく、終電後の新宿駅構内など、なかなか見られない非日常の映像が満載
車両基地の貴重な映像を集めた「車両基地」DVD(ユニバーサル ミュージック)が登場した。『鉄道ファンの間でも実情をほとんど知られていない、山手線の地下車両基地や、基地俯瞰24時間インターバル映像を初収録!』したという。鉄道初心者にはなかなかピンとこないところだが、既に予約受付の段階で上位ランキングに食い込んだという。果たして車両基地の魅力とは何か?「車両基地」DVDの監修を担当された“車両基地界の隠れた有名人”手老善(てろうぜん)さん(株式会社ジェイアール東日本企画)にお話を伺った。

――早速ですが、車両基地の魅力って何ですか?
「車両基地の魅力は『静』と『動』の対比です。まず『動』に関して言いますと、朝は日の出前から車両の1本1本に電気がついていき、ラッシュアワーには続々と車両が“出動”していく様子が見られます」

――ちなみに、山手線の車両編成は何本ありますか?
「52本です。池袋と品川から出て行く車両もありますが、DVDにも収録した大井町の東京総合車両センターから、大半の車両がどんどん出区していきます。この光景は見ていて圧巻ですよ。一方、『静』に関して言いますと、深夜2時ぐらいになると、全部の車両の電気が消されて寝静まった基地、まさに『静の世界』が見られます。ちなみに、撮影は面白いけど大変なこともありまして、長野新幹線車両センターに長野新幹線が並んでいる光景を撮影した際、夜の様子を深夜3時頃に撮影しまして、その時の気温は氷点下2度でした(苦笑)。我々は、一切物音を立てないように、凍えながらじっと寒さに耐えていたのですが、完全に無音というわけでもなく、どこからともなく何かの音が聞こえてきまして…そういった音も大事にしようということで収録しました」

あわせて読みたい

  • 新幹線や特急が「ほどほどの温度」にならない理由

    新幹線や特急が「ほどほどの温度」にならない理由

  • 黄色い新幹線が人気のわけ

    黄色い新幹線が人気のわけ

  • 自動改札機は、財布で叩く人に耐えてます

    自動改札機は、財布で叩く人に耐えてます

  • コネタの記事をもっと見る 2013年1月30日のコネタ記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

    コネタニュースアクセスランキング

    コネタランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    新着キーワード一覧

    コネタとは?

    B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

    その他のオリジナルニュース

    通知(Web Push)について

    Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら