bit

フランスでは東京・広島間の新幹線が約1200円! 

フランスでは東京・広島間の新幹線が約1200円! 
「OUIGO(ウイゴー)」とは「We go(ウィーゴー)」からの造語。
仏国鉄SNCFは4月2日、LCC(ローコストキャリア)に対抗するべく世界で初めてLCC方式での高速鉄道(TGV)格安運賃サービス「OUIGO(ウイゴー)」を始める。LCCとはサービスを簡素にしてコストを下げる代わり、通常より低く押さえた運賃を提供する格安航空会社のこと。昨年、日本ではピーチ・アビエーション、ジェットスター・ジャパン、エアアジア・ジャパンが格安運賃で国内線に就航し話題となったが、欧州では10年以上前から同様のサービスが行われており、今回鉄道版がお目見えすることになった。

SNCFによれば、運行されるのはパリ、リヨン、バランス、アビニョン、マルセイユ、ニーム、モンペリエを結ぶ線。運賃は大人片道各10ユーロ(約1200円)、子供片道各5ユーロ(約610円)から。SNCFはLCCとの価格競争のため以前からTGVで低運賃を提供してきたが、今までのものと比べてみても、例えばパリ・マルセイユ間でSNCFの3ヶ月前購入の割引乗車券プレムが25ユーロ(約3200円)から、同インターネット限定の割引便iDTGVが35ユーロ(4300円)から、LCCライアンエアーの34.23ユーロ(約4200円)から、と大幅に下回る。

安さのカギは鉄道へのLCC方式の完全導入だ。まずパリとリヨンでは利用料の高い市内駅ではなく、パリはマルヌ・ラ・バレ(ディズニーランド・パリの最寄り駅:市内中心部から列車で約35分)、リヨンはサンテグジュペリ空港(市内中心部からトラムで約30分:ただし一部便のみ市内駅が使われる)と郊外の駅が利用される。列車も1等車と食堂車を無くした2階建て4両編成の専用車両が新造され、従来の車両より収容人数を20%増やした。...続きを読む

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る 2013年3月6日のコネタ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

おもしろの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース