review

「つるぺた」と言えばスクール水着だ「琴浦さん」太田雅彦監督に聞く 2

「つるぺた」と言えばスクール水着だ「琴浦さん」太田雅彦監督に聞く 2
明るい展開とダークな展開のギャップの大きさも魅力のTVアニメ「琴浦さん」。楽しいエピソードの5話と6話には、それぞれ独自のエンディング曲と映像が作られている。5話エンディングの「ESP研のテーマ」には、ESP研のメンバー5人が総登場。6話エンディングの「つるぺた」は、スク水姿の琴浦さんが可愛い。「スクール水着を好きな人が多いので。サービスのつもりで、そうしました(笑)」(太田監督) (C)えのきづ/マイクロマガジン社・「翠ヶ丘高校ESP研・後援会」
水着回、デート回など明るく楽しいエピソードが続いていたTVアニメ「琴浦さん」
しかし、先日放送された9話からは、再びシリアスパートに突入。メインキャラが、連続通り魔事件に巻き込まれるという、緊迫した物語が展開しています。
太田雅彦監督インタビューの後編では、人気キャラの森谷ヒヨリや、「コシコシ」「つるぺた」というフレーズやインパクト抜群の映像で話題を集めた主題歌のこと。そして、ますます気になる今後の展開について語っていただきました。
なんと、最終回の話まで明らかに?
(前編はこちら

森谷は元から良い子と分かって欲しい

――琴浦さんと真鍋のクラスメートである森谷も、非常に魅力的なキャラクターです。真鍋に片思いしていたので、最初は琴浦さんに嫉妬し、いじめていましたが。今は親友になってます。
太田 森谷については、序盤の話で春香をいじめるので、かなり気を使って描いたつもりなんです。それでも視聴者の方には、けっこう叩かれてしまいましたが……。最近の話を観て「性格が変わったんじゃないか?」と言ってる人もいますけど、僕は、変わったとはまったく思ってません。彼女は、元からこういう子。それが、嫉妬心だったり、周りの友達にあおられたりで、ちょっとねじ曲がってしまっただけなんです。小学校の頃からずっと真鍋が好きだったのに、突然現れた冴えない女の子に取られるわけですから。そりゃあ、相当、頭に来ますよ(笑)。
――自分に当てはめて想像したら、かなりショックですよね。...続きを読む

あわせて読みたい

気になるキーワード

レビューの記事をもっと見る 2013年3月14日のレビュー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース