review

「泣くな、はらちゃん」最終回にはらはら

       
23日に最終回を迎えるドラマ「泣くな、はらちゃん」は、これからのドラマのゆくえを見据えるような意欲作だった。

漫画の実写化は山ほどあるが、「泣くな、はらちゃん」は、漫画から登場人物が飛び出して実物化するという、ファンタジックなお話。
毎回、漫画(作画ビブオ)が、2次元と3次元の中間のシュールな空間を通って人間として立ち上ってくるアニメーションが挿入される。主演で、はらちゃん役・長瀬智也が、漫画のキャラクターから人間になってギューンッと飛び出てくるところにワクワクさせられた。

はらちゃんの漫画を描いているのは、海辺のかまぼこ工場で働く女性・越前さん(麻生久美子)。彼女はかわいいのに自己評価がやたらと低く、内にこもった性分で、漫画を描くことだけが唯一の楽しみだった。現実世界の鬱憤を漫画の中で晴らしているのだ。
その漫画は、彼女が大ファンだった漫画家・矢東薫子の作品がベースになっている。
越前さんがオリジナル漫画を描いているわけではなく、いわゆる「2次創作」をしているところが実に今日的である。

ある日、漫画から、越前さんのお気に入りキャラクター・はらちゃんが現れる。
はらちゃんは越前さんを、自分たち漫画のキャラを創ってくれた「神様」と崇め、慕いまくる。
漫画の中の世界しか知らないはらちゃんは、見るもの聞くもの何もかもに感動して、まるで純真な子供のよう。
ドラマの序盤は、はらちゃんが、厭世的な越前さんに世界の楽しさを気づかせていく話かと思ったが、そんなイージーなものではなく、回を追うごとに深い話になっていく。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2013年3月22日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。