客席後方、スクリーンに向かって左側のドアが開き、差し込む真っ白な光。
主題歌、FLOWバージョンの「CHA-LA HEAD-CHA-LA」ととともに、まずは真っ赤なジャケットの野沢雅子が現れた。
「うおおおーっ」
興奮する満員の観客。17年ぶりの悟空の登場だ。
つづいて山寺宏一(破壊神ビルス)が、佐藤正治(亀仙人)が、堀川りょう(ベジータ)が、古川登志夫(ピッコロ)が、そしてゲスト声優の中川翔子(予言魚)、細田雅弘監督。
観客たちの歓声と握手をもとめる腕の波をかき分け、時に笑顔で応えながら、ステージに向かって進んでいく伝説のアニメの声優たち。
「鳥肌が止みません!」と司会のフジテレビアナウンサー松尾翠。
2013年3月30日、東京有楽町丸の内東映1「ドラゴンボールZ神と神」初日舞台挨拶は、まさに神々の登場で幕をあけた。

「しょこたんは、ベジータ好きで知られてますけど、いま隣に立って、どうですか?」
「(頭のてっぺんから)ほわああああああ(しゃがみ込みそうになるのをこらえつつ)ほわあああああ! 今……死んで、輪廻転生で生き返って……(激しく手を上下させながら甲高い早口で)くぁwせdrftgyふじこlp!!(まったく聞き取れない)」

終始やさしい笑みをたやさない野沢の隣、挙動不審のオレンジ色のミニドレス、登壇者のなかで飛び抜けて若い27歳。この日、神々のあいだに、観客と同じわくわく状態でステージに立っていた人、それが中川翔子である。

この記事の画像

「野沢雅子さん不老不死でいて!「ドラゴンボールZ神と神」で感極まった中川翔子全記録」の画像1 「野沢雅子さん不老不死でいて!「ドラゴンボールZ神と神」で感極まった中川翔子全記録」の画像2