bit

日本のナイフで“ものづくり”を見直す

日本の“ものづくり”が見直されつつある、と言われて久しい。いろいろな職人技があるが、ちょっと注目したい手作り品がある。それは、“肥後守”である。

ある年齢以上の人にとっては、非常に懐かしいナイフといわれている。それが肥後守。
これは戦前から一般的に流通していた折りたたみ和式ナイフ。昔は文房具屋さんにも売っていた、非常に身近なナイフだったそう。この肥後守を今でも販売されている、e刃物comさんに伺ってみた。

そもそもこの肥後守、兵庫県三木市で生まれたそうだ。その原型となるナイフの誕生はなんと明治時代にまで遡る。「兵庫県三木市の業者が、九州地方を行商している時に原型となるナイフを手にし、三木へ持ち帰って改良して作ったと聞いております」という。

かつては三木市の鍛冶屋で盛んに作られ、市内で作られるものを肥後守と読んでいたそうだが、時代が進むにつれて作る人間がどんどん減少。現在は兵庫県三木市にある永尾カネ駒製作所が登録商標を取得した。同じような形のナイフ(肥後ナイフ)を作る会社は何社かあるそうだが、純然たる肥後守を作る会社は永尾カネ駒製作所さんだけだそうだ。

現在は4代目がその鍛冶場を守り、その生産ラインは今でも完全家内工業の手作りにこだわっている。だからこそ同じナイフは二本とできない。素朴だが暖かみのある見た目が特徴。

現在でもこの肥後守、毎月平均数十本売れているそうだ。購入層は30歳代以上、50~60歳代の人がメイン。この肥後守に魅せられた人に、肥後守の魅力を伺うと、「全て手作りなので、同じものが二本無いということ。手に馴染むサイズであること、そして使い込めば使い込むほど使いやすくなるところが素晴らしい」と、コレクター心をくすぐる様子。

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

おもしろニュースランキング

おもしろランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク