bit

ファン増加中の「お麩研究部」。アサコ部長考案「麩レンチトースト」も大人気!

『お麩研究部』にジワジワと注目が集まっている。「お麩」というと、「味噌汁に入っている、フワフワしたアレ」ぐらいの認識かもしれない。しかし、実はお麩に含まれる栄養素は多く、おまけにお麩を使えば簡単にデザートが作れてしまうという。そもそも、お麩とは何なのか?今、最もお麩のことを考えている(と思われる)「お麩研究部」部長のシラサカアサコさんに、お話を伺った。

――そういえば、生まれて以来、お麩についてアレコレと考えたことがなかったような気がするのですが、お麩って栄養面からみていかがですか?
「実は栄養たっぷりなんですよ。主な栄養素は植物性のたんぱく質。その他、ナトリウム、カリウム、カルシウム、マグネシウム、 リン、鉄、亜鉛などの自然のミネラルがギュッとつまっていますから」

なるほど!見た目以上に、栄養が多いのだ。なんだか、得をした気分。あれ?今、「見た目以上に…」と書いたが、そもそも「お麩」って何なのだろう?「聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥」というし、アサコさんも優しく教えてくれそうなので、聞いてみようではないか。

――ものすごく根本的な質問をしてしまって申し訳ないんですが、そもそも、お麩って何からできてるんですか?
「小麦です。小麦粉に水を加えてよく練り、熟成させ水洗いを繰り返すと、でん粉(炭水化物)が流れ出てガム状のものが残ります。これがグルテンです。これに小麦粉やもち粉を加えて加工すると、お麩ができあがります。大きく分けると、形を整えて焼く『焼き麩』、蒸したり茹でたりする『生麩』、油で揚げる『揚げ麩』です」
編集部おすすめ

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

コネタニュースランキング

コネタランキングをもっと見る
お買いものリンク