bit

東、津田、開沼 ー ネット言論のスーパースターたちがフクイチ観光地化を計画するワケ

東、津田、開沼 ー ネット言論のスーパースターたちがフクイチ観光地化を計画するワケ
福島第一原発観光地化計画中心メンバー、チェルノブイリ原発前にて。左から津田大介さん、東浩紀さん、開沼博さん
福島第一原発を観光地にしようと言えば、何を不謹慎なことを言ってるんだ、と怒り出す人もいるかもしれない。しかしそんな計画を大真面目に進めようとしている人たちがいる。しかもネットを中心に絶大なる影響を与える言論人たちによるというのだから、聞き捨てならない。「福島第一原発観光地化計画」とは一体どのようなものなのだろうか。

「批評家の東浩紀さんが原発事故を受けて、チェルノブイリの現状を参考に事故25年後の福島のために立案したものです」

答えてくれたのは同計画に携わる映像ディレクターの小嶋裕一さんだ。計画には東さんの他、ジャーナリストの津田大介さん、社会学者の開沼博さん、ライターの速水健朗さんなど、錚々たるメンバーが名を連ねている。

「チェルノブイリでは事故後25年経った2011年頃から政府公認で観光ツアーを行っており、かなりの観光客が世界中から訪れています。福島も将来観光地化することになるだろうことを前提に、きちんとした計画を立てておこうというのが狙いです」

説明が必要かもしれない。現在世界にはダークツーリズムと呼ばれる種の観光がある。戦争や暴虐など、死や悲劇など人類の負の遺産を巡るツアーだ。日本では広島の原爆ドームなどはそのカテゴリーに含まれるといっていいだろう。

そうした世界的な潮流の中、図らずも世界的に有名になってしまった「フクシマ」に、将来人々が訪れるのは避けられまいと東さんは考えたという。ならば世界が負の遺産を継承しないよう、そして地元福島にとって最もいい形で観光地化できるよう今からできるだけの準備をしようということで計画が立てられたのだ。

あわせて読みたい

  • KickstarterにCAMPFIRE、クラウド・ファンディングってなんだ?【前編】

    KickstarterにCAMPFIRE、クラウド・ファンディングってなんだ?【前編】

  • 仏メディアが取り上げるフクシマから2年後の世界

    仏メディアが取り上げるフクシマから2年後の世界

  • コネタの記事をもっと見る 2013年5月21日のコネタ記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    > 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

    コネタニュースアクセスランキング

    コネタランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    新着キーワード一覧

    コネタとは?

    B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

    その他のオリジナルニュース