bit

韓国ステーキ通りで食べられる懐かしのB級グルメ

       
韓国で焼肉料理と言えば、鉄板の上で豪快に焼いたり切ったりしながら食べるサムギョプサル(豚の三枚肉)やカルビ(骨付き肉)などが一般的。分厚い牛肉の塊を事前に調理し提供するステーキは、日本と同様に韓国でも西洋料理のカテゴリーとなり、ステーキレストランやビュッフェなどで食べるものとなる。

ところで、これとは別に1960年~80年ごろには、「ステーキ(韓国語の発音でステイク)」という、韓国ならではのB級焼肉料理が食べられていたという。この懐かしのステーキのお店が今でも残るお店が、淑大入口駅近くの「ステーキ通り」に集まっている。どんなものか、さっそく訪れてみた。

ステーキ通りは、かつて米軍基地があった広大な敷地のすぐ横にある。ステーキ通りといっても現在は、「ステイク」の看板を掲げるお店が数軒残るだけで、雑多な韓国料理店が並んでいる。

1968年から続く老舗店のひとつ、「トルボ」にて「モドゥム(盛り合わせ)ステイク」を注文する。ステーキなのに盛り合わせとは? まず出てきたのは、サムギョプサルを焼くのと同じ鉄板。店員のおばさんは、そこにアルミホイルを敷き、大きなバターをのせて溶かし始めた。

その上にぶちまけられたのは、牛肉の塊と、ジャガイモやタマネギなどの野菜、そしてソーセージ、ベーコンといった加工肉。肉や野菜をはさみで適当な大きさに切りながら焼き、バーベキューソースとニンニクパウダーをかけて味を馴染ませたら完成だ。これをマスタードベースのソースにつけていただく。

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

おもしろニュース

おもしろランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2013年6月20日のコネタ記事

キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。