2013年6月26日、NHK朝の連続ドラマ『あまちゃん』での話。
ヒロインの母・春子(小泉今日子)が少女期の1984年に、TVのオーディション番組で松田聖子の「風立ちぬ」を歌った。春子は聖子ちゃんファンという設定である。
この時代の春子は有村架純が演じているのだが、この場面が話題になったのは、その歌声を小泉今日子があてていたからだ。キョンキョンが聖子ちゃんの大ヒット曲を歌うというだけで、白飯が3杯くらい喰えてしまったオールドファンもいたかもしれない。

しかし宮崎駿監督作品『風立ちぬ』のプレス試写を翌日に控えた私はTVを見ながら、またべつのことを考えていた。

宮藤官九郎がこの時期(1984年ではなく、2013年6月下旬に)春子に「風立ちぬ」を歌わせたのは、ジブリ新作の公開に合わせたのではないか?
……ま、ただの偶然だと思いますが、最晩年のナンシー関がたしか、最も深読みされている男、と呼んだクドカンだけに、そんなことも考えてしまうわけですよ。

宮崎駿5年ぶりの監督作品は、自身が《モデルグラフィックス》に連載した同名作品の映像化。零戦の設計者・堀越二郎(1903-1982)の若き日の人生に、なぜか堀辰雄(1904-53)の『風立ちぬ』『菜穂子』の設定を投入した、虚実綯い交ぜの「二次創作評伝映画」というか、『プロジェクトX』featuring堀辰雄(with『紅の豚』的飛行シーン)とでも呼ぶべき不思議な映画でした。