bit

愛知県発! 100万回の「ありがとう」が込められたお菓子

友人から表パッケージに「ありがとう」と書かれたタマゴボーロをもらった。食べてみると、どこか懐かしく心にしみるような優しい味。そして裏には、「このお菓子にはありがとうを100万回聞かせてあります」という驚きの文言! このお菓子、正しくは、愛知県の竹田製菓株式会社が販売する、「ありがとうボーロ」。それにしてもお菓子に100万回の「ありがとう」を聞かせるって? 同社製菓事業部の和泉さんに話を聞いた。

同社会長は株の世界でも有名で「日本一の個人投資家」といわれる竹田和平さん。約100人の保育園児たちの声がCDに録音され、工場では原料の仕入れ段階からお菓子の出荷時にいたるまで「ありがとう」がこだまする。厳密にいうと、工場内に流れている「ありがとう」は約4秒に100回、1時間で9万回、24時間で216万回。お菓子が出荷するまでに、大体100万回の「ありがとう」を聞かせていることになるという。

「すべての人に愛され、安心、安全、そして健康に優しいお菓子を届けることができるよう、特に良質の原材料にこだわる」というのが同社のポリシーだが、さらに100万回の感謝の気持ちがプラス。同社で製造されるすべてのお菓子に「ありがとう」のエッセンスが入り私たちの元へやってくる。

以前、会長は水に「ありがとう」を聞かせると、きれいな結晶ができるという本を読んだことがあったそう。「本の内容の真偽はともかく、人から『ありがとう』と言われたときは、素直にうれしいと感じ、心が高まります。皆さんにおいしいお菓子を届けたいという気持ちがきっかけになりました」(和泉さん)。会長は普段から全ての社員に、「お疲れさま」ではなく「ありがとう」と声がけする。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

コネタニュースランキング

コネタランキングをもっと見る
お買いものリンク