bit

“もったいない精神”が生み出した大阪の新・粉もん

“もったいない精神”が生み出した大阪の新・粉もん
たこ焼きは3つだけですが、割とがっつりとしたボリュームです。
大阪は粉もん文化といわれて久しい。
確かに、たこ焼き、お好み焼き、うどん……と、名だたる粉もんが根付いているわけだが、そこにあぐらをかいているわけではない。日々、新しい粉もんも、登場しているのだ。

粉もんはお店が切磋琢磨したり、時には偶然から生まれることも多い。そんな粉もんのひとつに、ぺちゃ焼というものがある。
これを販売しているのは“あほや”さん。大阪を中心に現在は70店舗、9月の出店予定の店まで入れると73店舗お店を構える、たこ焼き屋さんだ。
ぺちゃ、という響きも可愛いこれは、一体どういうものかというと……。
「ぺちゃ焼とは鉄板の上に卵を割り、その上にとろけるチーズをのせます。そこにたこ焼きを3個置き、上から鉄板でプレスして、ソースとマヨネーズをかけて食べるものです」と、なかなか美味しそう。

生まれたのは平成11年と、もう10年以上も前。しかし、誕生のきっかけは意外なものだった。
「当時、お店が暇でした。売れ残ったたこ焼きは、鉄板の上で固くなってしまいます。廃棄していたのですが、あまりにもったいないので、なんとか使い道はないものかと考えました。その頃はイカ焼きやお好み焼きもやっていたので、幸いお店にチーズやイカ焼き器もあります。そこで、思いつきでやってみたところ意外と美味しかったのです」
と、誕生は、まったくの偶然の産物なのである。

この新商品を売り出すにあたって、最初は“売れ残り焼”と名付けて販売していた。

あわせて読みたい

  • アナログ版コネタ!?「おおらかべ新聞」が大阪の街を席巻

    アナログ版コネタ!?「おおらかべ新聞」が大阪の街を席巻

  • 大阪丸ごとミュージアム

    大阪丸ごとミュージアム

  • たこ焼きの、タコの代わりを探してみる

    たこ焼きの、タコの代わりを探してみる

  • 大阪人もびっくり!?世界初「たこ焼き」の缶詰を食べてみた

    大阪人もびっくり!?世界初「たこ焼き」の缶詰を食べてみた

  • コネタの記事をもっと見る 2013年8月15日のコネタ記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

    コネタニュースアクセスランキング

    コネタランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    新着キーワード一覧

    コネタとは?

    B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

    その他のオリジナルニュース

    通知(Web Push)について

    Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら