review

森山未來と尾野真千子がNHK土曜ドラマで挑む「夫婦善哉」は窮極のダメ男小説

森山未來と尾野真千子がNHK土曜ドラマで挑む「夫婦善哉」は窮極のダメ男小説
『夫婦善哉 正続』織田 作之助/岩波文庫
2013年8月24日から4回にわたり、NHK土曜ドラマ枠で『夫婦善哉』(1939)を放送します。脚本は大河ドラマ『平清盛』の藤本有紀。原作は、今年生誕100年の織田作之助(1913-1946)がデビューの翌年、満25歳で書いた大ヒット作です。
デビューしてから夭折するまでたった9年のキャリア、しかも第2次大戦で小説家全体が不自由だった時期がほとんどだったことを考えると、オダサクという作家の仕事は驚異的です。窮屈な状況下に、スピード感溢れるキビキビとした作品を少なからず書き、戦後1年ほどのあいだに驚異的な質と量の小説やエッセイを書いたのですから。

『夫婦善哉』という題名は、大阪・法善寺のすぐそばの有名な甘味処(大阪市中央区難波1-2-10)の屋号です。1883年からというわけで今年で創業130年、オダサクが小説を書いたときでもすでに創業56年の老舗でした。創業時の屋号は「お福」でしたが、いつからか一人前のぜんざいを小さなお椀ふたつで出す営業スタイルが評判を呼び、そこにちなんで夫婦善哉と改名したのです。
織田の小説の大事なところでこの有名店が登場するわけで、いわば人気店にあやかったストーリーとネーミング、いまで言えば、うーんそうだな、吉田修一が『自由が丘ロール屋』という小説を書いたようなもんだと思えばいいでしょうか。吉田さん書かないかな。
ところが皮肉なもので、どんなに有名でもお店というものはローカルなもの。いっぽう小説は全国区ですから、小説がヒットするとそっちのほうが有名になります。それでお店のほうの夫婦善哉のほうがオダサクにあやかったみたいに思ってしまう人が多いかも。

あわせて読みたい

この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース