review

観て納得。これは会社を潰す気でつくってるアニメだ「キルラキル」

観て納得。これは会社を潰す気でつくってるアニメだ「キルラキル」
昭和か!? 昭和だ! アクションでもありギャグでもあり、何でもかんでもやりたいもの全部突っ込んだアニメ『キルラキル』の濃縮っぷりは必見。このドバドバ流れるアドレナリンの激流、流されるしか。
鋭い目をした転校生!
学園にいる四天王!
父親を殺した相手への復讐!

懐かしい単語のオンパレード。『キルラキル』昭和テレビまんがをゴリオシなテンションで、最新技術を駆使し、制作されたアニメです。
敬礼!

ストーリーの本筋は、現時点では至ってシンプル。
舞台は本能字学園。生徒会長・鬼龍院皐月を中心とした、絶対的支配制のある学園です。
学生が着ている「極制服(ごくせいふく)」という制服には、一般生徒は無星。階級が上がると一つ星から三つ星まで数が増えて、様々な能力が使えます。
そこにやって来たのが、流浪の転校生の纏流子。父親の仇を探して、単身この恐怖政治の学園に挑みます。

いいよね敵討ち。懐かしい感じ。
ブレザー全盛の21世紀に、詰め襟とセーラー服で学園支配という構図も実にいい。
ヤンキー転校生VS生徒会。わかりやすい。気持ちいい。

TRIGGER制作のこのアニメ、思いつくすべての「面白いこと」「カッコイイこと」を超濃度に圧縮、視聴者にぶつけ続けて休もうとしません。
作る側も見る側もど根性な作品です。
昭和めいたノリの世界で、昭和めいたキャラが動きまくる。そこ動かさなくていいよってことまで無駄に動く。

アクリル絵の具を筆で擦ったような背景と、J・J・エイブラムス的な光の演出が、どうしようもないくらいの昭和臭を漂わせます。
今でこそ背景も画も全てPCで描く時代ですが、画面全体が70年代のセル画タッチなんです。
実際は3DCGを駆使した、最先端の技術でつくっているんです。それで、あえて全体的にセル画を常に意識して描いています。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2013年10月7日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。