review

『マスゴミ』の衝撃、電子書籍の赤裸々マーケティング。鈴木みそに聞く1

「限界集落(ギリギリ)温泉」をはじめ、アマゾンで精力的に電子書籍出版を続ける漫画家の鈴木みそ。10月からアマゾンでスタートしたKindle連載でも、いち早く「マスゴミ」が上梓されました。自身のブログ「CHINGE」では単行本の出版部数や電子書籍の配信数も公開中。2013年で、個人で最も配信数を記録する漫画家になるとも言われています。紙に電子出版にと、軽やかに活動を続けるみそ氏に、電子出版に対する思いを伺いました。

書けないネタでも漫画ならOK

───「マスゴミ」はタイトルが秀逸ですね。

みそ もともと別冊プレイボーイ(集英社)という月刊誌に連載していた漫画で、タイトルは編集さんがつけてくれました。僕もタイトルを聞いた瞬間「これはヒットするよね!」と思ったんですが、シーンとしたまま4話で終わっちゃいましたね。

───さえないフリーライターが女装して大活躍する業界モノで、キャラクターのおもしろさや、業界の裏側などが覗けておもしろかったですよ。

みそ ありがとうございます。このまま眠らせておくのは勿体ないと思っていたところ、タイミング良くアマゾンさんに声をかけていただきました。

───毎回読み切りで、ネタ探しが大変だったのでは?

みそ 月刊誌連載だったので、そのスタイルは最初から決まっていました。はじめる前は大変かなと思っていましたが、意外となんとかなりましたね。編集との打ち合わせでも「このネタが旬です」「いいですね〜」なんて、わりとすんなりと。

この記事の画像

「『マスゴミ』の衝撃、電子書籍の赤裸々マーケティング。鈴木みそに聞く1」の画像1 「『マスゴミ』の衝撃、電子書籍の赤裸々マーケティング。鈴木みそに聞く1」の画像2 「『マスゴミ』の衝撃、電子書籍の赤裸々マーケティング。鈴木みそに聞く1」の画像3
編集部おすすめ

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る
お買いものリンク