review

「かぐや姫の物語」最大のミステリー? 御門のアゴはなぜ長い

「かぐや姫の物語」最大のミステリー? 御門のアゴはなぜ長い
全国公開中『かぐや姫の物語』パンフレット。当時の最高権力者の御門。アゴも登場人物内で最長を誇る。
アゴ、長すぎでは!?
『かぐや姫の物語』に登場する、姫の最後の求婚者である御門(みかど)。言わずと知れた最高権力者だが、いかんせんアゴが長い。かぐや姫に刺さっちゃうんじゃないのーアゴで秘め事できちゃうんじゃないのーと不安になるくらい長い。
平安時代の権力者といえば、下ぶくれで丸顔でマロ眉でふっくらして……というイメージが強い。それを見事に裏切るシャープなアゴだ。
なぜ御門のアゴは長いのだろう?
「絵的にインパクトがあるから」「他のキャラクターとの違いを出すため」といった理由も考えられる。でもそこは高畑勲監督。ただなんとなくでアゴを長くするはずがない。もしかして、原作の御門のアゴは長かったのかも……?

そもそもアゴの長さの原因は、食生活や遺伝にあると言われている。
『かぐや姫の物語』の原作『竹取物語』は、平安前期の物語だ。御門のアゴの秘密は、平安時代の食生活にあるのではないか?
よいものを食べてそうな平安貴族。しかし『平安朝のファッション文化』によると、実は強い咀嚼力を必要としていたのだという。主食は水分が少なくて硬い強飯、根のものを中心とした野菜メインの食事で、貝・魚・肉などは(細かく刻んではいるものの)生食で食べることもあった。がんばって噛まないといけなかったのである。
その結果、貴族といえどもアゴは強くなった。平安貴族がみんな下ぶくれで描かれているのは、アゴが発達した結果だ。
平安後期になると、貴族はやわらかいものを食べるようになって、徐々にアゴは退化していく。鎌倉時代には瓜実顔が登場。江戸時代の徳川家歴代将軍の肖像画を見てみると、だんだんアゴが細くなっていくのがわかる。最後の将軍・徳川慶喜の若いころの写真は現代っ子と大差ないくらいだ。

あわせて読みたい

  • 「かぐや姫の物語」7つの見どころ。高畑勲監督はまだまだつくり続けたかったのか

    「かぐや姫の物語」7つの見どころ。高畑勲監督はまだまだつくり続けたかったのか

  • 宮崎駿「青春を全て高畑に捧げた」ジブリドキュメンタリー「夢と狂気の王国」

    宮崎駿「青春を全て高畑に捧げた」ジブリドキュメンタリー「夢と狂気の王国」

  • 映画「かぐや姫の物語」で解く『竹取物語』の謎。その2「姫はなぜ結婚を拒むのか」

    映画「かぐや姫の物語」で解く『竹取物語』の謎。その2「姫はなぜ結婚を拒むのか」

  • レビューの記事をもっと見る 2013年11月27日のレビュー記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    新着トピックス

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース