review

今夜金曜ロードSHOW「おもひでぽろぽろ」高畑勲の描く少女の成長はなぜ心に刺さるのか

今夜金曜ロードSHOW「おもひでぽろぽろ」高畑勲の描く少女の成長はなぜ心に刺さるのか
『おもひでぽろぽろ』1991年公開。声の出演は今井美樹と柳葉敏郎
今夜、金曜ロードSHOWで『おもひでぽろぽろ』が放送される。監督は現在公開中『かぐや姫の物語』高畑勲

『おもひでぽろぽろ』は、東京生まれ東京育ちの27歳OLのタエ子が、田舎に憧れて山形へ旅に出るお話だ。彼女の頭に浮かんでくるのは、なぜか「小学校五年生の自分」
「青虫はさなぎにならなければ、蝶々にはなれない……。さなぎになんか、ちっともなりたいと思ってないのに」
「あの頃をしきりに思い出すのは、私にさなぎの季節が再びめぐって来たからなのだろうか……」
『おもひでぽろぽろ』が描くのは、「女性の成長」。それを描くために、あからさまに扱われているモチーフがある。
初潮(生理)だ。

ある日、女子だけが保健室に集められる。保健の先生が語るのは生理の仕組み。「女子だけの秘密」のはずだったのに、一人の女子・リエが男子に喋ってしまう。
「このスカートめくり全盛時代に、案の定生理は はやってしまったのだった」
それが何かもよくわからないまま、男子たちが「お前、生理だろ」「生理がうつる!」とはやしたてる。体育の時間、生理で休んでいるリエと、風邪で休んでいるタエ子。タエ子は「自分も生理だと思われるのではないか」と男子の視線を不安に思う……。
描かれているのは、「女になること」「女として見られること」への違和感と、居心地の悪さと、気持ち悪さ。

『かぐや姫の物語』も、初潮を扱っている。
初潮を迎えたかぐや姫は、成人の儀を執り行われ、貴族たちにお披露目される。このお披露目はもちろん、かぐや姫が「女になった」、つまり、結婚し子供を産めることを示し、結婚相手を探すためのもの。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2013年11月29日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。