review

「八重の桜」の自分探し系不良学生は、明治の『セカチュー』作家・徳冨蘆花

「八重の桜」の自分探し系不良学生は、明治の『セカチュー』作家・徳冨蘆花
明治時代のセカチュー?『不如帰』徳冨蘆花/岩波文庫
       
大河ドラマ『八重の桜』第46回(2013年11月17日)。ヒロイン新島八重(綾瀬はるか)の姪・山本久栄(門脇麦)が、同志社英学校の自分探し系不良学生・徳富健次郎(太賀)──のちの筆名「徳冨蘆花」(1868-1927、筆名の冨は上の点がない)──と恋愛事件を引き起こしていました。
健次郎は兄・猪一郎(1863-1957)とともに明治プロテスタントの原点のひとつ、熊本バンドの出身。優秀な兄(中村蒼)にたいする劣等感と闘う一生を送った作家です。

18歳の健次郎が兄や新島夫妻の反対を押し切って恋した山本久栄は、健次郎がまじめに書いた恋文を友だちの前で読んで聞かせるような子だったそうです。一説には新島夫妻が手紙を検閲していたとも。
お固いキリスト教の道徳と自分の性欲の折り合いがつけられず苦悩する蘆花は、たちまち成績ガタ落ち。翌年、二葉亭四迷のふられ男小説『浮雲』(新潮文庫)を途中まで読んで「これってほとんど俺と久栄ちゃんみたい!」と怖くなって読了できなかったけど、「小説ってものを書いてみたい」と思いました。
久栄への思いを断ち切るため同志社を退学し、鹿児島まで2か月のオンザロード的放浪生活を敢行。道中は買春しまくってたらしい。

その後郷里で教師をしたのちに再上京、兄が徳富蘇峰という名で主宰するイデオロギー系出版社「民友社」に身を寄せます。新島襄(ドラマではオダギリジョーが演じる)が結核闘病の末亡くなったときには、見舞いにも葬儀にも行きませんでした。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2013年12月4日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。