review

「艦これ」大ヒットの秘密をDMM松栄社長に直撃インタビュー1

「艦これ」大ヒットの秘密をDMM松栄社長に直撃インタビュー1
松栄立也 株式会社DMM.com代表取締役社長。提督。DMM.comは1999年に動画配信事業の企業として設立された。現在では動画配信のみならず、ソーシャルゲームやFX事業、太陽光発電事業、3Dプリンターなど、さまざまな分野に進出している。一般向けオンラインソーシャルゲーム「艦隊これくしょん」は会員数100万人超の大ヒットとなった。
――松栄社長って、艦これやってるんですか?
松栄 やってますよ、もちろん! ハイパーズ(大井改二&北上改二)は五セット持ってる。ちとちよ(千歳&千代田)も四セット。四~五セットあると交替で連続出撃できるよねー。潜水艦は四種揃ったし……艦娘の最高レベルは98。
――ガチだ!

ユーザー数130万人を越えた大ヒットゲーム「艦隊これくしょん」(以下、艦これ)。株式会社角川ゲームスと株式会社DMM.comの協力で生まれたゲームだ。第二次世界大戦期の艦艇を擬人化した「艦娘」という少女キャラクターたちが活躍する。艦これについて、DMMの代表取締役社長、松栄立也提督はどう考えているのだろう? 話を聞いてきた。

■DMMは「お人好しのエンジェル」

――艦これにDMMさんはどのように関わることになったんでしょうか。艦これの企画は角川ゲームスですよね。
松栄 うちのオーナー(会長)直下にいるプロデューサーの岡宮と、角川の企画の田中さんが会長に持っていったら、「うん、わかったわかった!」みたいな感じで決まったんです。
――そんな簡単に!?
松栄 もちろん損益見込みとかはちゃんと吟味していますが、企画内容に関してはそんな感じです。うちの会長は萌え系とかさっぱりわからない人なんですけど、「岡宮が『いいですよこれ!』って言ってるんだったらいいかな」って、それくらいの気持ちだったとか。アクティブの会員数が二万人くらい集まればいいと思ってた。それがなんと130万人越え! まさしく無欲の勝利っていうのかな…(笑)。うちの会社って、

あわせて読みたい

この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース