review

日本シリーズの前にクビにしてくれ「プロ野球戦力外通告」プロデューサーに聞く1

年末の風物詩、「プロ野球戦力外通告~クビを宣告された男達」が今年も12月30日(月)、全国TBS系でON AIRされる。野球人生のツーアウトに追い込まれた男たちによる、残酷だけれども真剣な最後の勝負を追いかけるドキュメンタリーは、2004年に特番化されてから、10回目の節目に当たるという。この番組で描きたいことは何か? そもそもどういう経緯で番組はスタートしたのか? そして今年の見どころは? 番組の立ち上げから携わってきたTBSの菊野浩樹チーフプロデューサーに、番組の歴史と取材秘話を聞きました。


《プロ野球再編の年に特番化された「戦力外通告」》

─── 「プロ野球戦力外通告」を見ないと年を越せない! そんなプロ野球ファンは多いと思います。この番組が生まれたそもそもの経緯を教えてください。

菊野 まず、企画という意味では、99年に「バース・デイ」の前身番組である「ZONE」が始まり、その年の秋には早速、戦力外通告をテーマにした回を放送しているんです。

─── 「ZONE」の番組内企画だったんですね。

菊野 はい。ちょうどその頃、「ZONE」の構成作家から薦められて『強くて淋しい男たち』という本を読んでいたんです。『AV女優』などで有名なノンフィクション作家・永沢光雄さんの本で、その中で金村義明(元近鉄、中日、西武)と愛甲猛(元ロッテ、中日)のエピソードが描かれていました。

─── いまや球界ご意見番のような2人ですね。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る
お買いものリンク