review

立川談志が死んで二年、立川流を継ぐのは誰なのか

       
あれっ、『談志が死んだ 立川流はだれが継ぐ』が増補版で復刊しているよ。

落語界中興の祖というべき立川流家元・7代目立川談志が病没したのは2011年11月21日のことだった。それから2年が経過したが、現在でもその名に関わる話題には事欠かない。つい先日も東京都練馬区にある旧宅を改築し、書斎を資料室として保存するプランがあることが明かされて話題になったばかりである。
また弟子たちの落語会も頻繁に行われており、談志が亡くなった際には「立川流は解散するのではないか」との声も囁かれたが、なかなかどうして、元気なのです。

というわけで『増補 談志が死んだ 立川流はだれが継ぐ』だ。
本書の元版が講談社から刊行されたのは11年前、2003年のことである。当時まだまだ談志は意気軒昂、その師匠に対抗して弟子たちが、立川流ここにあり、との姿勢を表明するために企画された本であった。談志には熱狂的がいたが、残念ながらその関心は家元個人に向けられ、一門の弟子までちゃんと聴くという人は、当時そんなにいなかったのである。
「立川流は家元だけじゃないんだよ」という自己主張が本書には溢れている。そのタイトルを「談志は死んだ」「立川流はだれが継ぐ」にしたのだから、いい度胸である。

なにしろ10年前の本だから、状況はずいぶん違っている。どこがどうなっているか、元版と増補版の異同を見ていこう。

1)元版のころはいたが、今では立川流にいない人が増補版にもいる。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「又吉直樹」のニュース

次に読みたい関連記事「又吉直樹」のニュースをもっと見る

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2014年1月9日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。