review

「はたして平安時代の人はキスをしたのか?」NHK大河ドラマ時代考証に目からウロコ

とその理由をあげていき、《やりすぎは禁物》と釘を刺す。あれ、でも、何年か前の大河で、まさに本能寺が爆発するシーンがあったような……。まあ、NHK内の考証会議で出た考証者の意見を、どこまで取り入れるかは演出側の判断であり、会議ではよっぽど陳腐でないかぎりストーリーを改めることはないというので、あれは致し方のないことだったのでしょう。

衣食住に関する記述も多く、いちいちうならされる。たとえば、上方時代劇ではきつねうどんがよく出てくるが、じつはきつねうどんは明治26(1893)年に大阪の店が出したのが始まりだという。よって、幕末の「適塾の福沢諭吉青年」らにきつねうどんを食べさせるのは考証的には正しくないことになる。

あるいは、女性が会葬の際に黒喪服を着服するようになったのは、日中戦争以降と、ここ80年足らずのことだというのも意外だった。昭和初期までは婦人は白喪服を着服しており、それがなぜ変わったのかといえば「奢侈を慎む」との理由からだったという。とすると、女性の黒喪服は戦時体制のなごりといえなくもない。

大森によれば、時代考証の究極の極意は「へんなものを出さないこと」だという。

《時代考証においてはるかに大事なのは「××を出さずに済みました……」という消極的成功です。せっかく巨費を投じた豪華なセットや衣装が、本来一文もかからずに修正できたはずの無神経な所作や台詞のために台無しになってしまうのは、実によくあることなのです》
編集部おすすめ

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る
お買いものリンク