review

どう発信すれば誰に届くのか。漫画で描き残す東日本大震災『ストーリー311』の選択

どう発信すれば誰に届くのか。漫画で描き残す東日本大震災『ストーリー311』の選択
『ストーリー311 あれから3年 漫画で描き残す東日本大震災』ひうらさとる/青木俊直/うめ/岡本慶子/新條まゆ/二ノ宮知子/松田奈緒子/葉月京/ななじ眺/さちみりほ/おおや和美/角川書店
その瞬間、僕はJR新宿駅にいた。その直前には、赤坂の博報堂ケトルで内沼晋太郎さんと一緒に、ニュージーランド在住のアウトドアスタイル・クリエイターの四角友里さんにSkype経由で取材をしていた。取材は14時頃に終了し、赤坂で内沼さんと別れ、高田馬場の事務所に戻ろうと丸ノ内線を経由し、新宿で山手線に乗り込んだ。

電車がゆっくりと大きく、ゆらりと揺れた。正確な時間はわからなかったが、14時46分だったんだろう。揺れは一瞬ではおさまらなかった。船上にいるかのようなゆるやかで大きな揺れが続いた。生まれて40年間で体感したことのない揺れ──。これが僕の3・11だ。

誰にもそれぞれの「その瞬間」があったはずだ。そのとき、東日本にいた人なら克明に覚えているはずだ。単に「揺れた」からではない。その直後から起きた、経験したこともない出来事で、世の中の空気が一変し、「世界」が変わったからだ。あれから3年が経った。でも、世界はその前には戻っていない。

2013年3月11日、11組のマンガ家によって震災が描かれた『ストーリー311』が発売された。それから1年が経った今日、第二弾となる『ストーリー311 あれから3年 漫画で描き残す東日本大震災』が書店に並んだ。
今回のコミックスには、ひうらさとる/青木俊直/うめ/岡本慶子/新條まゆ/二ノ宮知子/松田奈緒子/葉月京/ななじ眺/さちみりほ/おおや和美という11組のマンガ家が参加した。前回から引き続いて参加した作家もいれば、今回の第二弾から参加したマンガ家もいる。第一弾の登場人物のその後を描いたマンガ家もいれば、自らや家族が“被災者”だという作家もいる。描かれたテーマは厚みを増した。...続きを読む

あわせて読みたい

気になるキーワード

レビューの記事をもっと見る 2014年3月11日のレビュー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「漫画」のニュース

次に読みたい関連記事「漫画」のニュースをもっと見る

新着トピックス

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース